芥川高校 校長ブログ

心の声が届きます!

1月25日,全校の皆さんに次のようなお願いをしました。 おはようございます。 毎朝、校門で「今日もよくがんばって来たなあ。一日頑張って!」という思いを込めて「おはようございます」と声をかけてきましたが、今年に入ってなかなかそれもかなわない状況が続いています。 今日はみなさんにお願いがあってお話をしています。 非常に厳しい感染状況です。感染を防ぐ特効薬はありません。 保健所とのやり取りで分か...

有り難い

本日から3学年全クラスそろっての学校生活の再開です。かつては「あたりまえ」であった日常を「ありがたい」と心から感じています。  朝早くから、授業の準備をする体育科の先生やclassroomのメッセージを見ながら、みんな同じ思いを共有しているんだなと思いながら書き込んでいます。  目の前にいる人とその人と繋がっている人のことも心に思い浮かべながら手指消毒、マスクの着用、そして飲食時にし...

In Line

大阪府、そして国のいたるところでコロナウイルス感染症が蔓延する中で学校の休校、学年閉鎖、学級閉鎖が相次いでいます。日常の生活が脅かされ、日々何かを恐れながら過ごしているのが実情です。 昨日、一昨日と2年生は学年閉鎖となり、授業を補うために同時双方向のオンラインでの授業となりました。急な休校からの学年閉鎖となったため、教材やクロームブックを持ち帰ることができず、多くの人にはご不自由、ご不便をかけたこ...

心の真ん中で受け止めればそれは

非常に寒さが厳しい日でしたが、芥川高校では種々の熱い活動が行われ暖かい空気に包まれた一日となりました。 グランドでは、浦堂認定こども園の園児、保護者が「親子伝承遊び」を体験する企画が行われました。凧揚げをしながら所狭しと走り回る子供たちや、縄跳び、竹馬、輪投げ等を親子で楽しんでいる姿に心がほっこりしました。次年度は感染状況が落ち着き本校の生徒も家庭科の実習として参加できることを...

disappoint,not despair, but hope

 生憎の雨ですが、令和3年度、2022年がスタートしました。雨を降らす雲を突き抜ける一筋の光明を見出し、希望を持ち続けられるよう願いを込めました。以下が3学期始業式の式辞です。  おはようございます。本日は、3学期の始業式です。そして同時に3学年そろっての最後の式となります。始まりと最後が同居した式であるということを踏まえてお話をしたいと思います。  では簡単なクイズです。「始める」、あるいは「...

Fine, thank you. And you?

「2021年」、10年後、20年後に振り返った時に今年は私たちの心にどのように映し出されるのでしょうか。フラットとは呼べない起伏のある道で、たくさんの杭を打ちながらあちらこちらに+(プラス)の文字を見つけ、支え、支えられながらここまでたどり着いた1年だったような気がします。努力を積み重ねて進み、最後の瞬間を有意義なものにする。そんな思いを込めた2021年2学期終業式の式辞です。 いきなりQUIZ...

終業式イブ

歓声が聞こえた。本当に楽しそうな声。今日の4時間目はHR。42期生、一年生が心からドッジボールを楽しんでいた。あてる人もあてられる人も、狙う人も逃げる人もみんな心から楽しんでいた。優勝は1組!おめでとう。でもみんなが楽しめたこのことがプリクリスマスとしての最高のプレゼントだったでしょう。生徒の笑顔が見られた私にも良いプレゼントとなりました。                          もう...

🎼 あわてんぼうの~ ♪

 今日は一足先にクリスマスがやってきました。浦堂認定こども園の園児の皆さんを迎えての吹奏楽部の演奏会でした。自分の子どもと一緒に見た「となりのトトロ」を園児たちが楽しむ姿を見て、音楽は時間も空間も超えるという偉大さを改めて感じました。体全体を使って全力で歌う姿を見るだけでエネルギーが満ち溢れてきました。  「♪あわてんぼうのサンタクロース♬」をグループで、全員で力いっぱい歌う「小さなサンタクロース...

  明るい日差しはあるものの、小雪舞い散る今年一番の寒さの中、令和3年度第2回芥川高校の学校説明会が行われました。ちらつく雪に震えながら正門(南門)から各部活動部員が元気よくこころからの大きな声でのあいさつ、そして案内・誘導をしてくれました。放送部のメンバーは原稿をしっかりと読み込み、ゆっくりと分かりやすく丁寧な進行役を務めてくれました。写真部のプロデュースによる部活動紹介、そし...

こころを奏でる HEARTの中には何がある?

  芥川高校のパンフレットの表紙で目にする言葉です。こころを英語にするとどんな単語が浮かびますか?このブログでも再三、尋ねていることです。答えはHEARTです。   こころを奏でる。芥川高校ではどうやって奏でていくのだろう?その答えの一つは芸術の授業にありました。まずは美術です。「木のスケッチ」というプリントを一枚いただき、授業に参加。今回の授業のゴールが「背景、葉、幹」の油絵を描く。色の解説、筆...

過去の記事