校長室より

ヒガスミについて発信します

6月9日(水)、1・2年書道作品を渡り廊下に展示しています。 1年生は思い思いの漢字を団扇に表現しました。 2年生は隷書体に挑戦。 普通科、芸能文化科、共生推進教室それぞれの生徒たちの思いが詰まった作品です。

体育祭Tシャツのデザインをした3年の生徒からのメッセージを体育祭伝授式で配付しました。 後輩への熱い思いが込められたメッセージですので紹介します。 ************************************************************************************************************************* このデ...

 6月3日(木)5・6限を利用して、体育祭伝授式(解散式)を実施しました。 体育祭は5月22日(土)に実施予定でしたが、緊急事態宣言を受けて、6月8日(火)に延期しました。しかし、本当に残念ながら緊急事態宣言の延長により、体育祭を中止せざるを得ませんでした。  そこで、ヒガスミの体育祭の伝統を後輩に伝授するために、各班(応援団、アトラクション、マスコット、スタンド)に分かれ、3年生の先輩たちから後...

6月3日(木)「自立活動」の授業では、共生推進教室の2年生3名が、お世話になっている先生に対して、「ヒガスミ菜園」じゃがいもの収穫報告に来てくれました。 生徒たちは、なにわ高等支援学校での農作業体験を活かして、昨年度末に東住吉高校に「ヒガスミ菜園」を開設(開墾?)し、今年はこんなに立派なジャガイモを80個ほど収穫することができました。今度は、サツマイモ栽培にチャレンジです。

6月1日(火)前期生徒会認証式を校長室で行いました。生徒会の皆さんのとびきりの笑顔をご紹介します。 緊急事態宣言が延長される中、体育祭の中止など行事予定変更が続き、本当に厳しい毎日ですが、生徒会の皆さんには、輝かしいヒガスミの伝統をどうやって継承していくか、今できるベストの選択を一緒に考えていきたいと思います。

5月27日(木)、昨日は体育祭中止の連絡で落ち込んでいる生徒も多いと思いますが、気持ちを切り替えて今日は進路講演会、進路説明会を各学年で実施しました。 3年生は、「夢実現に向けて~きっと叶う」というタイトルで近畿大学屋木先生からの講演会です。屋木先生は、本校の卒業生でもあり、ご自身の体験を交えながら、自分を支える「夢のちから」について熱く語っていただきました。勉強は、ノルマではなく、自分でものを考...

5月13日(木) ~放送による避難訓練を実施しました

今日は、放送による防災訓練となりましたが、これから3つの話をします。 ①まず、避難経路について話をします。 「今回皆さんは、自分の教室などから"皆で"避難することとなっていました。しかし、実際は皆さんがどこにいるときに火災や地震が発生するかわかりません。 運動場にいるときに地震が来ることもあれば、トイレにいるときに火災に見舞われる可能性もあるでしょう。 そういったとき、まずは今日の避難経路を思い出...

 ちょうど2年前、私は、全国校長会の研修で脳科学者の茂木健一郎氏の講演を聴く機会を得ました。そして、茂木氏なら現在の状況をどのように捉えているだろうかと考え、早速、パソコンの検索機能を使い、『withコロナの時代「ピンチをチャンスに脳を成長させる方法」〜茂木健一郎氏(脳科学者)』(You Tube)を視聴してみました。すると、現在の状況を「変化を楽しむ、脳の成長の機会」と語っているのです。   私...

皆さん、おはようございます。東住吉高校校長の萩原美由紀です。 さて、昨日、5月5日(水)に、本校の生徒が新型コロナウイルス感染症にり患していることを確認して以降、保健所の指導のもと、府教育庁ならびに本校学校医とも連携しながら対応を進めました。 昨日、教育活動をいったん中止し生徒を帰宅させたことで、皆さんにはご心配をおかけしておりますが、この度、保健所から本校の生徒及び教職員において、今回の感染に関...

4月19日(月)、芸能文化科1年生では、特別非常勤講師の茂山忠三郎先生から「狂言の基礎」を学びました。 どのような相手でも「まず相手の目を見て話をする人間になる」これが演技の基本だそうです。感染症拡大の状況の下、このように芸能文化棟の外に出て実習を行うこともあります。 傍らでは、時折、キジバトが訪れます。大阪市内とは思えない広々とした校内風景です。

カレンダー

2021年6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30