SSH BLOG

岸和田高校のSSHや文理課題研究の活動を中心に発信しています。

先日12月8日(日)本校に隣接する岸和田城の百間堀にてテレビ東京 緊急SOS 池の水ぜんぶ抜く大作戦のロケが行われ、課題研究生物ゼミに所属する1・2年生がかいぼりのボランティアとして参加しました。 これまで生物ゼミでは内堀の調査・研究を行ってきましたが、百間堀では調査を進められておらず、どのような生物が出てくるのか大変興味がありました。 生徒たちはタレントさんやその他のボランティアの方々とヘドロに...

12月15日(日)課題研究数学ゼミと生物部の生徒が大阪府生徒研究発表会 大阪サイエンスデイ 第2部に参加し口頭発表を行いました。第1部のポスター発表で受けた質問や、コメントをもとに研究を深めて臨みました。 残念ながら代表発表には選出されませんでしたが、各々新たにいただいた指摘やコメントをもとにさらに研究を進めていけることと思います。

【案内】日本金属学会 春期講演大会

日本金属学会 春期講演大会の案内が届きました。 https://www.jim.or.jp/convention/2020spring/index.php 申込締切は2020年1月15日です。 課題研究などで「金属」をテーマに活動した人は、参加してみてはどうでしょうか。

【案内】未来と健康のための高校生ビジネスコンテスト

未来と健康のための高校生ビジネスコンテストの案内が届きました。   https://www.towayakuhin.co.jp/bizcon/ 「人々の健康に貢献する」をテーマに、人々が「元気に長生き」するためのアイデアを募集しているそうです。課題研究などで「健康」をテーマに活動した人は参加してみてはどうでしょうか?

【活動】研究室訪問 大阪市立大理学部数学科

12月6日 課題研究数学ゼミの生徒と1・2年生希望生徒が大阪市立大学理学部数学科 金信教授の研究室を訪問し、セミナー見学と講義を受講しました。 セミナーでは議論が英語で行われており、生徒たちは圧倒されていたようです。 講義でも彼らには難しい内容が多かったようですが、多くの生徒から大学の授業を体験できてよかったという感想や、より数学に興味を持ったという生徒もおり有意義な研究室訪問になりました

【活動】ロボットアイデア甲子園 大阪大会

11月30日(土)ロボットアイデア甲子園 大阪大会に1年生2名が参加しました。 https://www.hci-ltd.co.jp/news/news_other/entry-608.html 他校の生徒の発表・交流などもあり、とても良い機会になりました。 この発表会の様子は12月5日(木)J:COMのデイリーニュース~南大阪~で放送されるそうです。 時間は18時30分から(変更される場合もあ...

情報ゼミでは企業の方と連携し、チャットボットの活用方法について研究しています。 今年度は、奈良県室生寺で行われた特別企画「室生寺紅葉ライトアップ-龍神伝説ナイトウォーク-」の"室生龍隠れの里に眠る秘宝"イベント用のチャットボットを作成しました。 イベント用HP→  https://murou-ryugakure.info/ イベント用にチャットボットのシナリオを考えたり、クイズラリーなども作成しま...

【案内】SDGs 探究 AWARDS2019

「SDGs 探究 AWARDS2019」の案内が届きました。 http://sdgs-awards.umedai.jp/ テーマは 「世界の国や地域(日本を含む)におけるSDGs達成のために、私たちができる、または実施しているアクションについて 」 です。 エントリー期間 2019年12月1日~2020年2月5日 課題研究でSDGsに関する研究を進めている人は、その成果を発表してみてはいかがでし...

「中高生のためのロボットワークショップ」の案内が届きました。 https://takssh.com/robowork/ 2020年1月12日(日)10:00~17:00,13日(月祝)9:00~17:00(※二日間のプログラム) 定員に達し次第申込みが締め切られるので、興味のある人は早めに申し込んでください。 場所は大阪工業大学梅田キャンパスです。 以下詳細(ホームページ引用) "このロボット...

【案内】CIEC春季カンファレンス2020

CIEC春季カンファレンス2020 論文・ポスター発表の募集案内が届きました。 https://www.ciec.or.jp/commitee/conference/study/entry-1221.html 応募期間:2019年11月1日(金)から2019年12月12日(木)16時まで 課題研究の成果を発表できます。コンピュータやネットワーク関連の研究をした生徒は応募してみてはどうでしょう...