12月25日(金) 2学期終業式

例年よりも長かった2学期も、今日で終わりです。皆さん、本当によくがんばりましたね。終業式は放送で実施し、校長から以下のような話をしました。

毎年年末に発表される「今年の漢字」で、第1位に「密」の字が選ばれ、「今年の流行語大賞」に「三密」が選ばれました。「今年の漢字」の7位に「滅」、9位に「鬼」が選ばれたのは、大ヒットしたアニメ映画『鬼滅の刃』が影響しているのでしょう。昔、日本では「鬼」は得体のしれない伝染病の象徴とされてきました。節分行事で「鬼は外」と言って豆をまくのも、疫病を外へ追い出す意味があります。そう考えると、凶悪な鬼たちに命がけで立ち向かっていく『鬼滅の刃』の主人公たちと、はかなくも尊い人命を守るために日夜コロナと戦い続けてくださっている医療従事者の方々の姿が重なって、胸が熱くなります。今まで多くの疫病(鬼)の脅威を乗り越えてきた人類は、きっとコロナの禍を乗り越えていくはず。多くの人がそう思っているからこそ、これほどまでに『鬼滅の刃』が大ヒットしたのかもしれません。「親密」で「濃密」な心と心のつながりを大切に、連絡を「密」にとりあって、これからもみんなで頑張っていきましょう。

終業式の後、校長室で、表彰状の授与をおこないました。女子バスケットボール部(第15回クリスマスカップ「優秀選手賞」「交流戦優勝」「サンタ賞」)、ソフトテニス部(大阪高校総合体育大会男子団体戦予選リーグ大会「第1位」、大阪高校新人大会男子個人戦ブロック予選大会「第5位(ペア)」、第35回大阪公立高校個人戦予選「第5位(ペア)」、受賞おめでとうございます!

感染防止に最大限の注意を払いながら、穏やかなお正月を過ごしてください。皆さん良いお年を!