校長ブログ

大阪府立島本高等学校長のブログ

11月24日(金)

<休日は> 昨日は勤労感謝の日でお休みでしたが、有意義に過ごすことができたでしょうか。本校では、桜井台自治会の防災訓練の会場となりました。 大災害があると、大抵は近隣の学校が避難所になります。多くの場合には、体育館だったり、グラウンドだったりに避難します。しかし、練習をしておかないと、学校と自治体の連携もとれませんし、スムーズな復旧も図ることができません。また、災害の際には、高校生の力が大きな役割...

11月21日(火)

<芸術祭> さて、明日から芸術祭の展示が始まります。既に先行して島本駅のコンコースには幾つかの作品展示をしています。 日頃芸術の授業で作成した作品を展示することで、少しでも授業の様子を見てもらえればいいです。展示は 22日(水)~28日(火) までの期間で行われますので、時間に余裕のある方は是非「島本町ふれあいセンター」までおいでください。約1週間の間展示される中で、芸術選択生徒は各自で作品を鑑賞...

11月17日(金)

<防災訓練> 昨日防災訓練を実施しました。内容は大地震が発生した・・・という前提です。世の中には色々な災害があり、その場合によって避難の仕方が異なります。 火災の場合には、窓を閉めるといいます。これは火災現場に酸素が届くのを防ぐためのもので、それによって燃える要素の一つを遮断する目的があります。自身の際には、逆に入口等を開ける必要があります。特に地震発生の際には正しい情報を基にパニックにならずに避...

11月15日(水)

<高体連> 高体連関係のことをしていると、色々と思うことがあります。 今週末には年末年始に行われる全国高校ラグビーの大阪府予選決勝が行われます。ラグビーもそうですが、ここ数年は公立高校が全国大会で活躍する場が少なくなってしまっています。もちろん、中高一貫校が増え、中学校から連続した6年間で部活動指導ができるメリットもあるでしょう。 こうやって高体連の活動が活発になって、世界で活躍できる選手が数多く...

11月10日(金)

<11月も半ば> 11月も半ばに入り、また立冬も過ぎたため、寒さも厳しくなってきたようです。朝は10℃を下回っていますが、北海道に比べたらまだ暖かい方なのでしょう。贅沢は言っていられないです。 懇談も終盤を迎えています。授業見学へ行っても、懇談があって・・・などという声も聞こえて来ます。もう大分古くなっていますが、いつやるのか「今でしょ」という時期なのかもしれません。最後の追い込みをかけてください...

11月8日(水)

<懇談週間> 昨日より懇談週間が始まっています。1・2年生が主になっていますが、当然時期的には成績関係や出欠席関係になるはずです。特に欠席の多い場合には、休みが嵩むことで、学校生活にも大きな影響が出てきますので、しっかりと把握して、今後の生活の道しるべにしてください。 なお、本日からは午前授業となり、重点的に懇談が行われます。懇談で来校される際には、名札を忘れずにご持参ください。なお、午前授業は次...

11月7日(火)

<寒さが> 11月に入り一気に寒さが増してきました。11月1日の遠足の際には、心地よい天候だったはずなのですが、いよいよ冬に向けて季節が歩を進めてきたという状況でしょうか。 これに呼応するように、紅葉が綺麗な季節にもなっています。寒暖の差が激しいほど木々は赤く染まり、紅葉が美しいと言われていますが、これも木々が生きるために持ち合わせている機能なのです。私たち人間は着るもので調節するしかありませんの...

11月1日(水)

<校外学習> 今日は校外学習です。今日はいい天気になって、いい校外学習になるのではないでしょうか。 言うまでもなく、校外学習ですから、そこから何かを学び取ってくることが重要です。それぞれで目的が異なりますので、なぜこの場所なんだろうか、ここではどういう行動が望ましいのだろうか、というように課題を持って取組んでください。なお、行先は 1年生:青少年野外活動総合センター(京都府城陽市) 2年生:進路別...

10月31日(火)

<10月最後> いよいよ今日で10月が終わります。今週に入り、めっきり寒くなりました。特に朝と晩は1枚多めに着ないとダメな季節になっています。反面、朝の景色が綺麗な季節にもなっています。冬に向けて、空気中の水蒸気がないと明かりが綺麗に見えるため、景色がより美しく見えるものです。 景色とは反するように、朝は布団から出たくないと思える季節でもあるのです。北海道では雪が降っています。紅葉の美しさは今年は...

10月28日(土)

<トシャ・マギーさん> 昨日15:40からテラ・ルネッサンスのトシャ・マギーさんが来校し、自身の体験を交えて高校生に対して色々なメッセージを届けてくれました。保護者の方も何名か参加して頂き、きっと何か心に響くものを受け取ってもらえたのではないか、と感じています。 トシャさんは、7歳の時に紛争で両親を失います。そして、失った後に学校から帰る途中で、紛争で足を失った子どもや命を落とした子どもを見て、自...

過去の記事