ハンドボール部  37年ぶりの近畿大会出場決定!!

6月12日(日)、インターハイ予選の5位決定戦が行われ、23-17(前半10-9、後半13-8)で関西大学北陽高校に勝利し、37年ぶりの近畿大会出場が決定しました。

試合は開始早々、2点を先取したもののすぐに同点に追いつかれ、しばらく一進一退の攻防が続きました。前半中盤から速攻が決まり始め、リードが一時4点まで広がりましたが、そこで退場者が一人出てしまい、その間にまた同点に追いつかれてしまいました。なんとか前半を1点リードで折り返し、後半に再びリードを4点まで広げましたが、相手のサイドシュートなどで1点差まで追いつかれ、たまらずタイムアウトを取るという展開になりました。このとき試合時間は残り12分です。ここで選手たちは踏ん張りをみせ、サイドシュート、速攻などで2連取してリードを広げ、相手に傾きかけた流れを引き寄せました。その後、WマンツーやオールコートマンツーなどDF体形を変えられましたが、選手たちが落ち着いて対応し、逆にリードを広げて感動のタイムアップとなりました。                                                         

実は37年ぶりの出場というのは、監督である私が枚方高校3年生の時に出場した時以来ということになります。その間、枚方高校のハンドボール部は、人数不足での廃部や同好会という時期もあり、全国大会出場や近畿大会の常連だったOBにとっては、部の復活と近畿大会出場は悲願ともいえるものでした。しかし、大阪での私学の壁、近畿大会の壁は公立高校には非常に高く厳しく、私自身も前任校を含めて幾度となく跳ね返されてきました。しかし今回、選手たちは最後の勝負のかかった試合で、今までの中で最高のパフォーマンスをみせてくれ、やっとやっとたどり着くことができました。
これは、現在の選手の力だけではなく、今の部の形を少しずつ積み上げてくれたたくさんのOBの力によるところが大きいと思います。すべてのOBと共に喜びを分かち合い、そして感謝を伝えたい気持ちでいっぱいです。

この間、ずっと応援し続けていたただいたOBの皆さま、保護者の皆さまほんとうにありがとうございました。この場をお借りいたしましてお礼申し上げます。
近畿大会は、7月16日から18日の日程で、京都府山城総合運動公園体育館で行われます。大阪府の代表として、一つでも多く勝ちたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

<ハンドボール部ブログ(監督が記載)から転載しました>

IMG_1861s.jpg

カレンダー

2022年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30