7/13(月)教志コース「自然災害と学校安全」

 本日5・6限の2年生教志コース「教志入門」では滋賀大学・藤岡 達也教授による『自然災害と学校安全』―「先生」と言う仕事を考えているあなたに―(近年の自然災害と学校防災Ⅲ)と題した特別講義を受講しました。冒頭、ユーモアを交えながらの自己紹介と著書紹介(2冊寄贈いただきました。)で、生徒の気持ちを和ませていただきました。藤岡先生には教志コース1期生からお世話になっており、昨年度の「近年の自然災害と学校防災Ⅱ」に続き、防災の観点から講義をしていただきました。

 本日も朝から雨が降り続いています。7月3日以降、熊本県を中心に九州や中部地方など日本各地で大変な被害をもたらし、「令和2年7月豪雨」と命名された集中豪雨は今まさに現在進行中です。高槻市においても11日には、大雨による土砂災害などの危険が高まっていたことから、本校の北側山間地域に避難勧告(1066世帯)が出されていました。被害がこれ以上大きくならないことを願うばかりです。

0713_02.jpg

カレンダー

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30