12/9(木)安全衛生委員会を実施

 産業医の千葉先生(本校8期生)にお越しいただき、安全衛生委員会を実施しました。

 私から職場のストレスチェックの結果について、今年度及び平成30年度からの経年変化について、説明しました。昨年度・今年度は、やはり、新型コロナウイルス感染症対応による業務量の負担感が高まっています。昨年度までのデータからは、量的負担は他業種より高いものの、業務のコントロールという項目のスコアが高く、教職員は生徒の成長のために、「仕事量は多いもののやりがいを感じながら働いている。」という結果を確認できましたが、今年度から他業種や大阪府以外のデータが示されず、残念に思っています。

 千葉先生からは、オミクロン株を含めた新型コロナウイルス感染症の動向について、ワクチンや副反応のこと、現在、感染性胃腸炎が大流行していること、今冬、インフルエンザ流行の可能性もありうることなどをお話しいただきました。

 また、委員会後には「時間外在校時間」が規定を超過している教職員に対して、面談も実施していただきました。

 教職員が健康で勤務することは生徒の皆さん、学校にとってとても大切なことと考えています。

★安全衛生委員会・・・労働安全衛生法に基づき、一定の基準※に該当する事業場では安全委員会、衛生委員会(又は両委員会を統合した安全衛生委員会)を設置しなければならないこととなっています。<厚生労働省リーフレットより>

カレンダー

2022年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30