オーディションその1

きょう、3年生の三味線の授業中にオーディションがありました。

『替手』という、全員が演奏するメロディーとは違う

ややトリッキーな演奏をするメンバーを決めるオーディション。

5月10日に予定していたものを諸々の事情で本日行うことになりました。

全員の見守る中、立候補者一人ひとりが師匠と二人で演奏し、

立候補者全員が演奏した後、クラス投票で決定していきました。

選ばれた人、選ばれなかった人ができてしまうのが

辛いところですが、この経験は必ず今後に生きると

思いますので、どちらの人も今後一層頑張って,

すてきな『小鍛冶』、すてきな『卒公』にしてほしいです。応援してます。

 

DSC00192.jpg