松永真樹氏を招き、進路講演会を実施しました!


 少し前になりますが、11月卒業年次対象進路講演会を行いました。

世界50か国を旅し、インドでは爆弾テロで50人以上死者を出した現場に遭遇。

「32歳、進路に悩んでいます。家ないんですよ。全国転々としています。」

いきなりのぶっちゃけ型破りトークにぐいぐい引き込まれていくのがわかります。

以下に講演内容の言葉の数々。

・おれは夢をかなえる姿を見せていく。約束、メッセージを自分の決意の場として伝えています。

  夢は実現するかもわからんけれど、実現していく姿は見せたい。やりたいと思えることを、人生かけてやりたいなあ。

・野球は9回裏までわからない。平均寿命80歳。みんな人生の2回の表。17,8歳であきらめたらあかん。

・高校時代はラグビー一色。1日8食食べていた。5時半には起きていた。

・大学に入ったけれど何をしたいのかわからなかった。自分に夢がないのが悔しかった。人生で初めて死んでもいいやと思った。

・やなせたかしさん「絶望の隣は希望です!」この本に救われた。60歳過ぎてアンパンマンがヒット。

・苦しいときは苦しい、つらい時はつらいって言おう。めっちゃ苦しい経験があるから、めっちゃ楽しいがある。

・努力は形を変えて未来につながる。何かに向かって生きててもいいんじゃないかな。
  

maki01.jpg

maki02.jpg

大切な彼女と、ワールドウェディングフォト展を全国で開催中。人生を楽しもうとする姿勢、伝わりますように。