大阪880万人防災訓練

 9月4日(月)午前11:03に、以下のような緊急速報メールを受信しました。

2016/09/04 11:03 訓練通報DRILL(大阪府)

「大阪880万人訓練」の訓練通報です。実行委員会を代表して大阪府より発信しています。DISASTER  DRILL  11時03分に大阪府沿岸全域に大津波警報が発信されました。各市町村の指示に従って、身の安全を守るための適切な避難行動をとってください(a)。(大阪府)

 本校では、この880万人防災訓練を2回目(1回目は5/20実施)の避難訓練として実施しています。「今日は携帯電話・スマホを机の上に出しなさい」という生徒への指示のもと、3限目の授業が開始されました。クラス担任ではなく教科担当者から、本日の避難訓練のメール発信について説明がありました。11時前には、箕面市の緊急速報メールを受け取る生徒も多数いました。

11時が地震発生想定時間です。井野保健部長から 「今から大阪880万人訓練をします。地震が発生しました。教室にいる生徒は机の下に入りなさい」 と放送での指示があり、生徒は机の下に入るなど、真剣に訓練に取り組んでいました。


11時03分に多くの生徒の携帯電話・スマホの着信音が鳴り、上のメール内容が送信されてきました。受信できなかった生徒はすぐに受信可能に設定変更していました。本校は、丘陵地帯に立地するため、津波の被害の可能性は高くはありませんが、生徒たちはどこで地震に遭遇し、津波の被害にあうかはわかりません。また、訓練でできないことは、実際にはできないとも言われています。

これを機会に、ご家族でも災害のことについて話合い、どこが避難場所なのかも確認し合ってください。

  880万人避難訓練2