2018年1月15日アーカイブ

第1ブロック高校美術・工芸展に出展

 1月12日から14日の3日間、千里中央の千里文化センターで「第40回 第1ブロック高校美術・工芸展」が開催されました。本校からも美術部員の絵画と立体作品や工芸選択者のランプシェードを出展しました。  会場には、多くの高校生や一般の方々が高校生作品に熱い眼差しで鑑賞していました。出展した高校生たちはお互いに「交流用紙」に作品への評価や意見を書き合い、研鑽し合っています。なお、本校生の作品前でも足を...

新春恒例大縄跳び大会 

1月11日(木)、この冬一番の冷え込みの中、2年生は昨年と同様に「大縄跳び大会」を体育館で実施しました。 大縄跳びというシンプルな競技ですが、身体は温まるし、クラスの団結が深まるので昨年と同様に2年生全員が跳びまくりました。優勝チームには、クラス全員で食べることができるお菓子も用意されており、生徒たちは大いに盛り上がりました。優勝は担任も必死だった6組、2位は4組、そして3位は2組でした。縄跳び...

キャリナビ講座紹介3 松永真樹氏 常識は自分で作る!

 結婚式は1回って誰が決めたの。そんな疑問を持った松永氏は、全国各地で4回の結婚式を挙げたのです。もちろん列席者は、その地域の人たちを中心に集まってもらいました。  言葉一つ一つに力がある。それは、松永さん自身が人生を楽しんで、自分で常識を作って後ろ姿見せてくれているからなんだろう。「大人って楽しい、これからめっちゃ楽しくなるって伝えます。」この一言から始まった出前授業。キラキラしたメッセージの宝...

 今回は、言葉のないコミュニケーションの世界で活躍されている白木原さんを招いてのワークショップです。  アイコンタクトの大切さからはじめて、軽妙なトークとワークが絡みあいます。 「いろんな事に取り組みながら、いろんな事に出会ってほしい。すべてが成功である必要はない」「失敗を笑い飛ばすことがあっていい」「集合時間というのは、自分が動き出せる時間だよ。この業界、1回遅刻したら二度と呼んでもらえない」「...

キャリナビ講座紹介1 「命のリレーをつなぐということ」

 授業というのは教科書から学ぶもの。板書をただノートに写して...そんな先入観を吹き飛ばすために今回は、英語科のK先生に、母親としてのお話をお願いしました。  母親、女性の先輩、そして働く女性の一人として、妊娠、つわり、出産、育児について縦横に語っていただきました。例えば、つわり。レストランのメニュー見ただけでダメだったり、ポテトの匂いがNGだったりするのです。ご飯が炊けなくなる人もいます。妊娠検...

第17回 職業体験セミナー 作文・創作コンテスト最優秀賞受賞

 職業体験セミナー実行委員会主催(大阪府、大阪府教育委員会、近畿の各教育委員会、大阪府専修学校各種学校連合会他後援)の作文・創作コンテストの授賞式が12月12日(火)、エディオンアリーナ大阪にて行われました。課題は、「私の将来」。それぞれの夢や将来について、作文や創作形式で表現するものです。本校から最優秀賞をはじめ計5名が受賞することが出来ました。  優秀賞以上の者が授賞式に参加。式後の懇談会でも...