• トップ
  • 2018年
  • 10月
  • 10月3日 (水)、2年生は「次世代エネルギー施設見学」を行いました。

10月3日 (水)、2年生は「次世代エネルギー施設見学」を行いました。

10月3日 (水)、2年生は「次世代エネルギー施設見学」を行いました。

自分たちが使っているエネルギーについて考え、次世代のエネルギーに対する教養や考えを深める機会とするため、2年生は3方向へのバスツアーを企画しました。化石燃料(石油・石炭・天然ガス)を使った電力作成には、CO2の排出などの環境問題があります。再生エネルギーとして風力や水力を活用するには風車やダムの建設が必要になり、コストがかかります。太陽光発電には広いスペースが必要な上に天候にも左右されます。原子力発電は低コストですが、地震国での安全性が不安です。そんな勉強をすることは大切なことですが、実際のものを見ることでイメージに肉付けすることができます。そこで、身分証明書を提出することで初めて入場が認められる美浜の原子力発電所(福井県)、大規模な火力発電所として堺港発電所(堺市)、なたね油をバイオディーゼルとして活用している東近江あいとうエコプラザ菜の花館の3カ所を訪問しました。行先は生徒たちが選択しました。

生徒たちにとって、身近な電気が作られている方法や節電の大切さ、そしてエネルギーについて考える良い機会となりました。

20181003_2nen_1 20181003_2nen_5 20181003_2nen_3

20181003_2nen_4 20181003_2nen_2