修学旅行4日目~総督府の誕生

総督府は、日本初の正式な設計コンペで、東京駅などを設計した辰野金吾の弟子だった

長野宇平治の基本設計案が選ばれ、これが採用されることになりました。

辰野の助言に基づいて中央塔の高さが60メートルに延長され、

1919年の完成時には、赤レンガ造の建造物としては日本一背が高いものになりました。

20191018121517ca6.jpg20191018121454f15.jpg20191018121547eb0.jpg