No.19 令和4年 大阪高校総体テニス大会

第77回 大阪高等学校総合体育大会テニス大会 本戦

【シングルス】8月16日(火)実施

男子 2名出場

 1回戦 生野 1ー6 浪速

 1回戦 生野 2ー6 興国

女子 1名出場

 1回戦 生野 6-3 大阪女学院

 2回戦 生野 1ー6 大商学園

講評:

シングルスは個人の 心・技・体 すべてが問われます。

男子は今回、ミスが多かったのと、気持ちで少し押されている場面がありました。

特に「攻め」を常に意識してラリーが続けられていたらもう少し結果が違っていたかもしれません。「気持ち」は技術・体力に大きく影響してきますので、普段の練習から「勝つ」を意識しましょう。

女子は大健闘でしたね。私は直接見ていませんが、落ち着いて試合を運んでいたのを聞きました。その調子でもっと成長してください。2回戦はDAの選手でしたが、その選手にどうすれば勝てるのかを考えて練習すれば、さらにうまくなることでしょう。

男子・女子ともに頑張って下さいね。

【ダブルス】8月17日(水)実施

女子 1組出場

 1回戦 生野 0-6 城南学園 

講評:

ダブルスはシングルスに加え、思考力と判断力が必要です。

男子は2組は出場してほしかったですね。

シングルスは戦える力がありますが、ダブルスとなると、ボレーの技術力が単調でただただ力任せに打っている様子です。後衛はしっかりシングルスを行い、前衛は場をしっかり見極め、相手に「触られない」ところに正確にボレーを打ち込むテクニックを磨きましょう。

女子は最初から意識で押されているのがプレーに表れていました。どれだけ強い相手でも、いずれ「勝たなければならない」時が来ます。その時にどうすれば勝てるのか、を常に想定して練習に活かしましょう。

男子・女子共に、単調な練習・やりたい練習ではなく、「強敵に勝つ」練習を考えてください。

総評:

次は、秋季大会 そして 公立団体 が待っています。本戦に出場して良い結果を残せるように、個々の力を伸ばして、チームとして成長してくれることを願っています。

試合結果・講評・総評 顧問I

カレンダー

2022年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30