心肺蘇生法、熱中症予防講習会

 6月22日 (水)の午後、体育館フロアーにて心肺蘇生法、熱中症予防講習会を行いました。大阪医専から上久保敦先生を講師としてお招きし、各クラブから代表者2名がずつ参加しました。

 最初は、心配蘇生法をスライドで見て、次に各自テニスボールを心臓にみたてて、どれくらいの強さ・速さで押さなければならないかを実際に練習しました。次に、4つのグループに分かれて、実際に人形を相手に、一連の流れ(倒れている人を発見し、助けを呼び、AEDを持ってきてもらい、AEDを使う)を実践し学びました。

 最後に熱中症のメカニズム、予防方法について、スライドで説明を受けました。熱中症にかからない方法はないから、少しでも軽くするために、体調を整え、エネルギーをしっかしとり、水分補給をすることの大切さを学びました。

 学校で実際に起こりうる心肺停止や熱中症に落ちついて正しく対処できるように、また、クラブの他の部員に今日学んだことを共有することでみんなの意識を高めることができる講習になったと思います。

 

shinpai4.jpg  shinpai3.jpg

shinpai2.jpg  shinpai1.jpg