7月21日(金)、高校野球、夏の夢散る

 7月21日(金)は野球部3回戦の日でした。相手は公立の雄「春日丘高校」。しかし初戦は苦しい試合展開を逆転した本校には勢いがあります。赤文字の「必勝」団扇が1地塁側のスタンドには多数揺れていました。生徒たちの応援の声も初戦より大きくなっていました。1回に先制され、2回にも1点を加点されてもいつかは逆転できるという雰囲気がスタンドにはありました。そして、その機会は4回に訪れました。4番丸岡のタイムリーなどで一気に4点を取りました。また、5回には2年生の東恩納のレフトへのソロホームランも飛び出しました。1塁側のスタンドは、このまま6対3で勝てると確信していました。しかし、8回に相手の猛攻にあい、6点を許してしまいました。3点差で迎えた最終回、出塁する粘りを見せましたが、最後の打者が内野ゴロに打ち取られ、ゲームセットとなってしまいました。試合後の相手校の校歌を聞きながら、選手たちは何を思っていたのでしょうか。

 夏が1つ終わりました。選手、監督、応援くださったみなさん、お疲れ様でした。しかし、終わりは次の始まりでもあります。

 

 

   20170727野球1     20170727野球2

 

   20170727野球3