• トップ
  • 2018年
  • 5月
  • キャリアアップナビ講座 校長先生がアフリカへの夢を語る

キャリアアップナビ講座 校長先生がアフリカへの夢を語る

キャリアアップナビ講座 校長先生がアフリカへの夢を語る

デュアルシステム選択者に対して社会人講師を招いてキャリアアップナビ講座を行っています。

今回の講師は、昨年も好評だった本校校長でした。「夢 アフリカ」というテーマでお話いただきました。

「小さい頃の夢は?」「高校としての今の夢は?」

校長先生は、高校の時の夢は「アフリカに行ってみたい」という漠然としたものだったようです。しかしその夢には「ふた」をして、教師になりました。でもチャンスが訪れたのです。それは教師になってから青年海外協力隊に参加することだったのです。その夢の実現させるために家族や職場に説明し、理解を得る過程で、自分が何をしたいのが明確になってきたそうです。憧れの地、アフリカのタンザニアへ旅立ち、現地の高校生に生物を教えるのが2年間の業務でした。

タンザニアの写真やビデオを見ながら、壁にペンキを塗った黒板、視力いいタンザニアガイド、ダンスがうますぎるタンザニア女子、バイクでダチョウと走ったこと、時間にルーズだけど、憎めないタンザニア人、またエイズの怖さなどなど、講義の時間はすぐに終わってしまいました。

生徒からは

「アフリカにいてつらいことはなんでしたか?」と聞かれ、

「言葉通じないことかなぁ、食事よりコミュニケーションの方がしんどかった」

「人を説得するのはどうすればいいですか?」

「まず、情熱をもって語ること。現在だけではなく、未来がどうなるかを分析して理論的に伝える。そして、諦めずに何度も繰り返すこと」

と応えていました。

生徒たちにとっても、普段と違う校長先生の背景を聞くことができ、大きく感銘を受けたようです。

      180502キャリアアップナビ講座1