「第1回学校運営協議会」を行いました

「第1回学校運営協議会」を行いました  

6月15日(金)、平成30年度第1回学校運営協議会を校長室において開催しました。

今年より、「学校協議会」から「学校運営協議会」に移行しました。今まで通り保護者、学識経験者や地域の住民の方がそのメンバーです。校長に対して意見を述べる点は以前と変わりませんが、より学校運営に参画していただくことになります。具体的には、学校運営の基本的な方針を承認することと、任用に関する意見を言うことができるようになりました。

まず、校長からスライドを使って新入生の入学者選抜状況や現状報告がありました。次に各学年の様子を学年主任から伝え、昨年の進路状況について進路部長から説明がありました。本年度の「学校経営計画」については校長から説明あり、委員の方々から質問や意見をいただき、その後承認されました。

「モジュール授業の成果は?」という委員からの質問に対して、                          30分だと短いので集中できること、毎日国語・数学・英語を勉強することが大切で、その成果は国語に最も表れていると校長先生は答えました。(なお、教育庁がまとめたものによると、1年間のモジュール授業後では「基礎的な漢字を読む力」や「文章を読み解く力」がかなり上昇している。下図参照)

「デュアルは素晴らしいので、もっと広げてもらいたい」「遅刻指導の難しさ」という発言もいただきました。

どれも貴重な意見ばかりでした。なお。学校運営協議会の詳細については、後日HPにも掲載します。

20180615_1 20180615_2 20180615_4