GLHS合同発表会~発表

13時から、各校の発表が行われました。

四條畷高校からは、1月16日の成果発表会で選ばれた、文系の代表グループ

「声のバリアフリー」が発表を行いました。

高齢者にとって聞こえやすい音の高さ・速さについての考察で、

近隣の老人介護施設や商業施設などで、地道な聞き取り調査を行い、

その結果をもとに、「高くて速い音声」「低くて遅い音声」が、聞き取りやすいという結論を

導き出し、その結果を合成音声で、とても分かりやすく説明できていました。

1月16日の成果発表会での指摘を受け、さらに考察を深めていたことに、感心しました。

多くの調査データに基づいた、主観や憶測を交えない、客観的で誠実な、

かつ高齢者向け緊急放送の在り方について、今後の活用が可能な、

とても有意義で実践的な発表だったと思います。

DSC04315.JPGDSC04316.JPGDSC04326.JPGDSC04327.JPG