アドバンスト・ラーニング(AL)クラス中間発表会!!

 10月24日(日)、府立北野高等学校において、WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業「高度な学びを提供するシステムの構築」に係る取り組み、アドバンスト・ラーニング(AL)クラスの中間発表会が開催されました。WWLは、文部科学省によるイノベーティブなグローバル人材を育成するための事業で、ALは「AIやデータの力を最大限活用し展開できる人材」の育成をめざした高校生向けの特別授業です。

 昨日は、第1部では、ドイツのカイザースラウテルン工科大学の石丸翔也准教授から「海外で研究するということ」をテーマにご講演いただき、第2部では、ドイツ人工知能研究センターとオンラインで結び、WWL拠点校・連携校(GLHS10校)の生徒が発表を行いました。発表および質疑応答はオールイングリッシュで、各校の生徒には大きな刺激になったと思います。また、ドイツ人工知能研究センターの研究者の方からは、貴重な指導・助言をいただきました。石丸先生をはじめドイツ人工知能研究センターの皆さま、特別授業で本校生徒をご指導いただいている大阪工業大学の皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございました。

※本校生徒による発表