女子バスケットボール部、サンシャインカップ優勝!

124日(火)晴れ

 またまた、うれしい報告に女子バスケットボール部のキャプテンが来てくれました。

11月23日(祝)25日(日)に行われた第10回 サンシャインカップ(近畿高校バスケットボール交歓大会)で、市岡高校が見事、9年ぶり2回目の優勝を果たしたのです。

 以下、顧問の梅市先生からの詳しい報告です。

この大会は京都・奈良・和歌山・滋賀の上位チームと大阪のチームで覇権を争う大会です。本校は、予選から激しいディフェンスからの速攻などで相手を圧倒し、大阪青凌を84-32、かわち野と大正の合同チームに96-6で大勝しました。

決勝トーナメント準決勝では、1週間前の西地区府立高校大会の準々決勝で僅差で敗れた門真西との対戦でした。序盤から相手のエースを封じてミスを誘うことに成功してペースをつかむことができ優位に試合を運びます。後半、一時追いあげられるものの再度突き放し、74-44で快勝しました。続く決勝では、昨年のこの大会の準決勝で敗れた京都の立命館高校と対戦しました。序盤から相手の得意な攻撃を封じ、前半から大きくリードします。後半も攻撃の手を緩めず61-35で優勝しました。

 

彼女らの勇姿が目に浮かぶようですね。

また、バスケットボール部は、勉強にもしっかりと頑張るクラブで、考査前はいつもみんなで勉強しています。(*写真)これも感心です。

さて、今回の優勝は、顧問の梅市場先生も言うとおり、選手たちの日ごろからの努力の賜物だと思います。10月~11月のチームとしての成長は目を見張るものがあるそうなので、この優勝を自信にして、1月の新人大会・4月のインターハイ予選での上位進出を期待しています。

 

◇顧問の梅市先生と      ☆勉強も励ましあいながら頑張っています 

s-CIMG5190.jpg   s-CIMG5200.jpg   s-CIMG5201.jpg