生徒会立会い演説会

 4月24日(木)7限に前期生徒会立会演説会がありました。集会の指揮から運営まですべて生徒の手で行われました。会長から会計まで立候補の演説を、生徒は真剣に聞いていました。各候補の演説も良かったのですが、さらに良かったのは、応援演説。各候補が語りきれない立候補への思いや日頃の学校生活の様子がわかって、初めて知る候補でも身近に感じられます。立会演説会2.jpg

 候補たちの思いは、「みんなの意見を吸い上げて、実現していきたい」ということ。学校時代の生徒会活動の体験が「自治」を身近に感じさせます。学校での生徒会活動は、「自治の学校」です。2000年初頭から「地方の時代」と言われ続けています。これからも地方自治の重要性は増すでしょう。学校の中で、「自治」というものをもっと身近に感じられることが大切ですね。