日台教育旅行交流会

1450170541656.jpg 本日12月15日10時30分からリーガロイヤルホテルで日台教育交流会が催されました。この交流会は、日本政府観光局主催の台湾における訪日教育旅行促進事業の一環で開催されました。台湾側の出席は、124名。日本側の出席は104名。いずれも高等学校の校長が中心です。

 交流は、10:30分から互いの主催者の挨拶、記念品の交換などのセレモニーが行われ、11時から本格的な交流が各テーブルで昼食をはさみながら13時まで実施されました。私が参加したデーブルは、以下の参加者です。

日本側は茨木高校、布施高校の校長先生、そして市岡高校の私。香川県の日本観光振興協会四国支部の職員二人。

台湾側は国立武陵高級中學、国立䑓中高級家事商業職業学校、䑓北市立華江高級中學、国立䑓中女子高級中學、国立苑裡高級中學の校長先生

どこか聞き覚えのある学校があるでしょう?そうなんです。昨年度春に市岡高校を訪ねてくれた武陵高級中學の校長先生とお会1450170530847.jpgいすることができました。武陵高級中學は、地域№1の進学校。現在は、天王寺高校などと交流しているようです。(私と一緒に写っている男性の校長です)

交流は、1.自校の紹介 2.どんな交流を行えるか(行いたいか?)ということを中心に行われました。台湾側の校長先生のスピーチは、熱意に満ちていました。日本側の高校と交流相手、姉妹校の提携相手を探しているのだということをどの学校も語っておられました。1450170519623.jpg

 華江高級中學は、ブラスバンド、楽団がとても盛ん。野球もバスケットも盛んな地域№1の進学校。校長先生に学校の写真をスマホで見せてもらいましたが、「なんか市岡とよく似ているな・・・」という感じです。これは余談ですが、私の横に座っていた女性の華江高級中學の校長(Vサインをして私と映っている女性)は、私のそばに来て耳打ちするように"Are you Japanese?"と英語で聞いてきました。続いて"Spanish?"と聞いてきたのです。最初は何を言っているのかわからなかったのですが、どうも私の顔を見て「スペイン人との混血」と思ったようです。「日本人ですよ」と英語で答えると、彼女は笑っていました。

 私は市岡高校を紹介したあとに、どんな交流をしたいかということを、このように伝えました。

「市岡高校は、野球部が有名です。甲子園に出場したこともあります。できれば、野球のテストマッチなんてどうでしょう?吹奏楽部も近畿地区大会に出場しています。合同演奏会もやってみたいです。英語のプレゼンテーション・コンペティションもやってみたいですね」と。

どうでしょう?市岡高校のみなさん。こんな国際交流やってみたくないですか?武陵高級中學と交流した人は覚えていると思いますが、台湾の高校生の英語レベルは私たちより格段に上です。それは台湾に限ったことではなく、シンガポールはもちろんのこと、マレーシア、フィリピン、ベトナム、どのアジアの国をとっても日本の高校生よりも英語力は上ですし、コミュニケーション能力も発信力も上です。私たち日本人の既成概念をぶっ壊してくれる良い機会になると思います。

1450170508790.jpg 私は中国語は当然のごとく話すことはできませんので、片言の英語をフルに駆使しながら、なんとか校長先生たちと交流を行いました。どうも私の英語は、伝わっても正確ではなくたびたび訂正してもらいました。でも、これっていい経験ですよね。間違った英語でも伝えようと思えば伝わるし、相手がちゃんと正確な英語で返してくれるのでありがたいです。そんな私のつたない英語を我慢強く聞いて訂正してくれたのが、䑓中高級家事商業職業学校の女性校長先生でした(最後の写真の女性)。とても若く見える人だったので、「何年校長をやっておられるのですか?」と英語で聞いたら(当然のごとく私の英語を訂正されましたが)、彼女は「9年やっています」と答えてくれました。私なんかよりもキャリア的にずっと大先輩です。恐れ入りました。

 今日のこの出会いが、今後の国際交流に発展すればと思える有意義な時間でした。