市岡74期生読書案内

*市岡高校では、毎年1年生が(情報科の授業成果物として)読書案内の冊子を作成しています。この読書案内冊子は近隣の中学校や図書館に配布され、ご活用いただいております。そして今年も74期生による読書案内冊子が完成いたしました。以下はその冒頭での寄稿文となります。

*************************************************************

読書について

 趣味は、と問われると、読書ですと答えるようになって何年もたつ。年間70~80冊の本を読む者が趣味と答える資格があるのかどうか分からないが、差し当たってそのように答え、なんとなく間が繋がれていく。次の質問は大抵、どのような本を読まれますかである。ジャンルで答えたものか作者で答えたものか、はたまた書名で言うのか迷うところであるが、美しい日本語で読ませてくれるものであれば何でも読みます、とやや曖昧に返答する。まず間違いなく、例えばと突っ込まれるので、その時の心の持ちように由るのですが、とことわってから、最近は○○さんの書かれたものがいいなと思います、と答える。更に、どこがいいと思われますかと尋ねられると、もう勘弁してくださいという思いで、なんとなくでしょうか。きちんと言葉でお伝えできればいいのですが、そこが未だできないので読書を続けているのかもしれませんね、といって話を混ぜっ返してしまう。

 生徒たちにはしっかりと本を読んで、理解力と想像力、言葉のうらを読み取る感性を身につけてほしいと思います。しかし、読みなさい、とは言いません。言葉の力が大切でかけがえのないものだと分かれば、黙っていても本を読み始めるはずだから・・・。この人のような言葉を使えるようになりたい、と思える人に出会えれば、自然と本を手に取るはずだから・・・。私もそんな人そんな本との出会いに魅せられて読書を続けているのかもしれません。 

                                   学校長 岸野圭吾

カレンダー

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31