前期デュアルシステム発表会

前期デュアルシステム発表会

9月18日(火)の放課後、2年のデュアル生12人の発表会を行いました。会場の図書室に、来賓としてお招きしたデュアル生の実習先の事業所の方々5名と、保護者、次年度デュアルを希望する1年生30名に教職員も多数参加しました。

 半年前の4月に『デュアルシステム』 出陣式を行った生徒たちは、通常は学校に通い、毎週火曜日に事業所で働くという二重生活を送りました。生徒たちがデュアルを希望した理由には                                              「人見知りを克服したい」

「高齢者の気持ちに寄り添ってみたい」

「様々な人と関わり、コミュニケーション力を高めたい」

等がありました。

そして、実習によって多くのことを学びました。挨拶の大切さや笑顔の素晴らしさ、コミュニケーションの必要性を肌で感じ取ります。図書館業務は配架(本を書架に運ぶ)の辛さ、高齢者との会話の難しさ、馬の世話の大変さ等もその一つです。また、後期に向けて次の課題にも気づいています。経験がある分、一人ひとりのプレゼンにも重みがあります。

来賓の方からも心温まる言葉もいただき、デュアル生は、後期にまたいろいろな職場体験をします。

20180918_2 20180918_1 20180918_4 20180918_6 20180918_5