授業見学(4月26日:3時限目 その1)

3時限目もまず、1年生の古典。

動詞の識別では、まず「覚えるべき動詞かどうか」を判断し、

それ以外の動詞として、四段、上二段、下二段活用があること、

それらの判別は、未然形でできる(例えば、否定の助動詞「ず」をつけてみる)こと、

などを、丁寧に確認していきました。

続いて、ペアで今昔物語の「検非違使忠明」を、最初はゆっくりと、2回目は速く、

音読の練習を行いました。

DSC08285.JPG