市岡生にのぞむこと

生徒の皆さん

 新型コロナウイルスの市中感染が拡がっています。今までは、特別な場所に行ったり特別なことをしなければ感染する危険はほとんどありませんでしたが、市中感染が始まると、特別な場所に行ったり特別なことをしなくても二次感染三次感染が迫ってきます。

 緊急宣言解除の後、経済を止める、という選択肢はなくなったようですので、私たちは自分で自分の身を守るしかありません。そうしますと、まずウイルスはそこかしこに付着していて、何に触れてもウイルスが手指に絡まるという感覚をあらかじめ持っておくことが重要です。そして、しっかりとうがい手洗いをします。それと見ず知らずの人とは2m以内に近づかない、やむを得ず近接するときも、しっかりとマスクを着用して正面には向き合わないことです。知らない人だけでなく、本当は誰に対してもそうすべきなのでしょうが・・・。

 また一方で、施設・職場や家庭内での二次三次感染が増えてきています。こうなると、もう誰が感染してもおかしくありません。特別な人が感染するというのではなく、私もあなたも例外ではありません。そして、そんな事例が私たちの回りにも普通に散見されるようになっています。

 予防の基本(うがい手洗い、マスク着用、三密回避)にどこまで忠実であるかの勝負です。みんなが予防なんか気にしなくてよかったあの日に帰りたい、と思っています。でも帰れません。あるのは、新しい日常だけ。あなたは、予防の基本を甘く見ていませんか。学校の中に感染者はいない前提で、マスクなしでも大丈夫、手洗いなしでも大丈夫、ジュースを回し飲みしてもエレベーターにぎゅうぎゅうに乗っても大丈夫、と思っていませんか。ここの「まあ大丈夫だろう」が一番危険です。

 それと感染した人を、「危ない人」とか「だらしない人」とか「迷惑な人」とか「近づいたらヤバイ人」とか思っていませんか。自分と友だちは絶対的安全地帯にいて感染しない存在、と勘違いしていませんか。あなたが偏見を持ったり差別する感情を持っているとすれば、大きな間違いです。風邪をひくようにコロナウイルスに感染するのです。お互いの立場や状況を理解し合って、正しく感染予防対策をしましょう。あらゆる人の立場に立って考えられる市岡生であってほしいと思います。

カレンダー

2020年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30