富岳の見せる景色

 今朝のニュースで、スーパーコンピュータ富岳を使った「飛沫拡散のシミュレーション」動画が公開されていました。電車内、自動車内、機内、カラオケボックス内、いろんな場所・環境での動画で、とても参考になりました。電車は急行ではなく各停の換気機能が抜群。車は少しの窓スキマでは換気が不十分。航空機内は3分ですべてが換気され安全。カラオケは・・。またマスクの性能は、一般品では不織布がベスト。云々。

 私たちは新型コロナウイルス第3波の渦中にいます。国全体がウイルス対策と社会活動の両立という難問に取り組むなか、先の見通せない日々が続きます。第1波の時はウイルスの正体が未知でしたので「是も非もなく、すべてを中止・停止・取りやめ」してみんなで対応しました。あれから半年。私たちはマクロの視点において、

  ウイルスによって失われる生命+GDP <  社会活動停止によって失われる生命+GDP

という数式が成り立つだろう、という大局観で行動しています。そして、現在、この数式について厳密に検証することなく、ウイルス対策と社会活動の匙加減をどうしたものか、というところで試行錯誤しています。一番根っこのところを検証していないのですから、誰がどう頑張っても迷走して当然です。もし、この数式の不等号の向きが逆だったら、どうなるのだろう、と思うのは私だけでしょうか。富岳がスッキリと答えをはじき出してくれればいいのですが。

カレンダー

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31