(公式) 四つ葉のクローバーからもらったもの

大阪府教育センター附属高等学校 公式ブログです。日々の些細な学校情報を発信します!

"救命救急(AED)講習会"を行いました!

 これから夏季休業を向かえ、各クラブ活動も一層活発になってきます。  そのような時期に本校では、救命救急講習会を開催しています。本日、地元地域の住吉消防署の署員の方を講師にお迎えして行いました。合宿を実施するクラブ等、運動部から部員2名と顧問の教員、今年度本校に着任した教員が参加し、約1時間30分、体験も含めながらの充実した講習会となりました。  最初にビデオや講義で、緊急時の対応として心肺蘇生の一連の流れを学んだ後、実際に、救急を要する現場に遭遇したことを想定して、周囲の安全確認、胸骨圧迫、AEDの使い方を2人1組になり、モデルを使って救命救急体験を行いました。  実際の現場では簡単にはいかないと思いますが、少しでも体験しているのとしていないのとでは、対応に違いが出るとのことでした。今年の夏も暑さが厳しくなりそうです。学校や家庭、身近な人の救命に役立つことを祈っています。

デートDV予防"授業を行いました!

 高校生の時期にデートDVの予防について正しく理解し、人権尊重を基盤とした対等な男女関係、人間関係を築くことの大切さを認識することは、児童虐待の予防にもつながるものである。このような観点から、本校では、デートDV予防授業に取り組んでいます。  この授業は、家庭科「家庭基礎」(1年次)の単元「人とかかわって生きる」にある「子どもとかかわる」において、テーマ「親になることを考えよう」の中で実践しているものです。単なる家庭科の授業としてではなく、養護教諭、人権教育推進委員会とのコラボレーション授業で、養護教諭、人権教育担当者が入り込み、チームティーチングで進めています。  5人程度のグループを編成し、「男女の平等な付き合い方(関わり方)について自分なりに考え、グループでまとめたことを発表する。」「デートDVの予防について正しく理解する。」を授業の目標としています。  各グループの発表の後、養護教諭から「恐怖や不安を感じずに『安心』できるか」「大切にされている、愛されている『自信』はあるか」「考えや行動の幅が広く『自由』であるか」などのメッセージを伝えました。この実践の向こうに、生徒たちが被害...

Enjoy書道 ~篆刻編~ !

 6月22日(土)、今年も本校の書道担当の先生の指導のもと、PTA活動の一環で、Enjoy書道を行いました。  今年のテーマは、何と"篆刻(てんこく)"! 専用の薄緑色をした石の1cm角の面に、思い思いの1~3文字を刻んでいきました。老眼?に苦しみ?ながらも、初めて扱う印刀(いんとう)もうまく使いこなし、全員、仕上げることができました。  どんな作品になるのか不安もありましたが、出来上がり、実際に押印してみると、なかなか立派な"はんこ"に仕上がっていました。

校内研修「授業研究」を行いました!

 本校では、取組計画としてクローバープランを定め、めざす学校像の実現に取り組んでいます。このプランにある確かな学力の育成に向けて、今回の研修では「カリキュラム・マネジメント」を再度取り上げました。以前にも取り上げ、成果として現在の学年別年間指導計画の実践につながっています。また、毎年、6月と11月を授業研究月間とし、互いの授業を教員間で相互に見学するなどして、年間を通して授業研究が進められるようにしています。  今回は、カリキュラム・マネジメントの3つの側面の1つである「2.教育内容の質の向上に向けて、子供たちの姿や地域の現状等に関する調査や各種データ等に基づき、教育課程を編成し、実施し、評価して改善を図る一連のPDCAサイクルを確立すること」を受け、研修では「本校の生徒の『今』をみんなで考える」ところから、改めて考えることにしました。  生徒に付けたい力は?、生徒の現状は?などを踏まえ、授業で今していることやこれからしたいことを話し合った後、教科ごとに発表して共有しました。発表の後、大阪府教育センター高等学校教育推進室の岡本室長にまとめをしてもらい、終了しました。  今年度の授業研究...

本格的に始動、令和元年「広報活動」!

 本校をより良く理解していただきたいとの思いで、広報活動に積極的に取り組んでいます。広報担当の先生を中心に内容を吟味し、どういう学校か、何が学べるか、課外活動はどうか、どのように成長できるか、卒業後はどのような進路に進めるか等について、中学生や保護者の皆さまにお届けしたいと考え、学校全体で取り組んでいます。  今年度の第一弾として、6月15日(土)、地元の中学校にお招きいただき、高等学校説明会に参加してきました。3年生の皆さんとその保護者の方に対して、本校の特長等、思いの丈をしっかりお伝えできたと思います。こちらの中学校からは、本校に多くの先輩が進学されています。来年の春、先輩たちに続いて、入学してくることを楽しみにしています。

 5月16日(木)、20日(月)、金融庁から講師をお迎えし、1年生全クラスに特別授業を行って頂きました。将来の夢の実現と将来への備えにはお金の知識が重要であること、また、人生とお金と経済のつながりについて最低限の金融リテラシーを身に付けること、この2つを目的として、授業が始まりました。まず、何歳まで働きますか?の問いかけに始まり、その後のより良い余生を送るために、現役のうちにどの程度の貯蓄が必要か、そのためにはどのような方法があるかについて、講義やグループワークを通して考えていきました。  生涯収入が、約2.5~3億円であることに驚き、それ以上にお金が必要になってくることに改めて驚いていた様子でした。生涯のうちでも特に教育、住宅購入、老後に多額の費用が掛かるということで、これらを中心にシミュレーションしながら、グループでプランニングを試みました。学校は公か私か?、自宅通学か下宿か?、住宅は賃貸か購入か?、郊外か都市部か?、退職後に必要な費用は?など、非常に具体的に考えていったので、生徒もイメージがしやすかったようです。  収入だけでは賄いきれない分をどのように資産として形成していくかに...

こころざしは未来を変える! 16歳からの起業塾

 新学期を迎え、3年生には自己実現につなげるための大切な時期になりました。  5月10日(金)、一般社団法人関西ニュービジネス協議会から、民間企業の経営者の方を講師としてお招きし、探究ナビⅢにおいて特別授業を行いました。  あるアニメの題材である「どこでもドア」を取り上げ、現実に発明されたら「なくなるものは?、なくなる職業や会社は?」と、まずは生徒への問題提起に始まり、「今までの"あたりまえ"が当り前でなくなる、そういう時代に君たちは生きる、そのような大きな変化をチャンスととらえ、新しいモノやサービスを生む発想力、起業家マインドを育ててほしい。」と述べられました。途中の生徒への発問にも、生徒は積極的に手を挙げ、自分の考えや発想を述べる姿に、"流石3年"と感じました。  戦前の起業家である安藤百福さんや、最近の起業の例として、サッカーの本田圭佑選手、徳島県の上数町の落葉、17歳の高校生の開発アプリ等を挙げながら、気付くことや発想力の大切さを力説されました。  将来、起業を思い立ったら、「まずは周りをよく観てみよう。ある人にとっては、低い価値かもしれないが、別の人にとっては高い価値となるこ...

文化祭ー開催中 !

あいにくの雨となりましたが、予定どおり文化祭を開催しています! この天候にもかかわらず、多くのご来校者に感謝いたします。 生徒作品や模擬店、舞台での演劇に模擬店、また後援会やPTAのご協力のもと、盛大ににぎわっています。 15:00までの公開となっています。

第1回 学校説明会を開催しました!

 夏期休業もそろそろ終わりが近づいています。中学校3年生の皆さんにとっては、これからが高校選択の重要な時期となってきます。本校でもその一助となるべく、第1回学校説明会を開催しました。  約150名の中学生と保護者にご来校いただきました。  まず、全国大会出場を決めているダンス部による歓迎のオープニングパフォーマンスに始まり、躍動感あふれるパフォーマンスに続いて、全般的な内容や本校の特長の一つである「探究ナビ」について説明し、本校での3年間の学びと成長について、お話をさせていただきました。  次に、生徒会執行部により運動系クラブ・文化系クラブの活動の様子、生徒会の日々の活動や地域の小学校と連携したボランティア活動の様子を紹介し、充実した学校生活が送れると生徒自らの言葉で話をしてくれました。  続いて、本校の特長といえる「探究ナビ」の授業を体験してもらうため、中学生に模擬授業を行いました。これからの社会で必要とされる資質や能力とはどういうものか、なぜそれが必要とされるのかについて実際のコミュニケーションワーク等を交え、授業を体験してもらいました。  後半は、本日活動している各クラブの...

1年生 勉強合宿 開催!

 夏期休業に入って間もないですが、1年生の勉強合宿が今日から一泊二日の日程で始まりました。  今年は、南港のホテルフクラシア大阪ベイを会場に、1年生の18名が参加しました。開講式では、初めに私から、これを機会にして継続的な学習習慣等を身に付けてもらいたいと伝えました。次に、学習の仕方等を含めて、この2日間の過ごし方について具体的な例を示しながら、学年主任からも話がありました。  開講式の最後に、この2日間の目標設定をした後、早速、国語の講習からは始まりました。国語、数学、英語を中心とした学習や質問のほか、進路に関する相談等、4人の引率の先生方を存分に利用して有意義な2日間にしてほしいです。 (校長)