2016年9月アーカイブ

保護者理解-親学習の取組から考える-

「親学習」とは!  受講者にとって初めて聞く言葉だったかもしれません。 「子どもがわずらわしくイライラしてしまうことが多い。」「子育てをしていて、負担・不安に思うことがある。」など親も悩みながら子育てをしている様子をデータに基に講義いただきました。 家庭環境の変化を受け、親をサポートし、「親をエンパワメント」することが幼稚園の教員にも求められています。保護者同士が気軽に話ができること、相談できる場...

対話と会話...学びがあるのは?

 7月25日(月)に「協働的な学びを取り入れた授業づくり研修」が、8月18日(木)には、「アクティブ・ラーニングの視点からの授業づくり研修」が行われました。 両研修とも、次期学習指導要領の柱となる内容を取り上げた研修で、定員を超える多くの参加申し込みがあり、新しい教育の方向性への関心の高さがうかがわれました。 特に「アクティブ・ラーニングの視点を取り入れた授業づくり研修」には146名の参加があり、...

子どもにかえって授業を振り返る

 6月から8月にかけて、「中学校『理科』授業づくり実践研修(全5回)」の第1回~第4回を実施しました。第4回までは、授業づくりや目標に準拠した評価などについての講義を行うとともに、様々なキャリアの受講者が「今求められている授業」や「授業を通して生徒に付けたい力」などについて協議したり、自身が理科の問題の解決に向けて実験を行ったりしながら、「問題を解決する生徒主体の理科授業の進め方」について、体験を...

9月5日(月)、府教育センターにて、支援教育実践研修Cを実施しました。府立学校をはじめ、市町村の小中学校、幼稚園・認定こども園から66名の受講者がありました。 ~研修の様子~ 「知的障がいのある子どもの理解及び指導の実際-『個別の指導計画』に基づいて- 」をテーマに、前半は支援教育推進室指導主事からの講義と、大阪府立和泉支援学校の教諭による実践発表を行いました。 知的障がいの特性理解、自立活動の...

ウイルスの大きさはどれくらい?

 新規採用の養護教諭研修では、「現代的健康課題-HIV/エイズや性感染症等-」について学びました。  医師である講師が、実際に小学校、中学校で授業を行った際に使ったスライドは、指導するポイントがわかりやすくまとめられていました。「自分たちをウイルスに例えると、人間の大きさは、どれくらいになるのか」など、〇×クイズを取り入れ、子どもたちが興味を持つような工夫があり、使ってみたくなるものでした。 性に...

子どものメンタルヘルス

  8月19日、養護教諭研修Bを実施しました。  講義では、精神科医であり、学校現場の支援に入られている講師先生の視点から、相談にのる際の基本態度や、相談でのポイント、養護教諭という立場のメリット・デメリットまで幅広くご講義いただきました。子どものトラウマ特有の反応や再体験症状についてもお話しいただき、寄り添うことの大切さ、接する際の言葉がけのポイントなどたくさんの知識を得ることができました。  ...

小学校「書写」、中学校「書写」研修

 8月1日(月)に授業力向上研修小学校「書写」、8月12日(金)に授業力向上研修中学校「書写」を実施しました。 講師は小学校書写、中学校書写ともに高等学校書道の指導教諭お二人にお願いしています。本年度は、新たな内容としてどちらの研修も最初に小中学校教育推進室の主任指導主事より「書写指導における授業展開のポイント」をテーマに講義を実施しました。次期学習指導要領がめざすものから書写指導におけるポイント...

書道におけるICTを活用したアクティブラーニング

 8月8日(月)、授業力向上研修「高等学校 書道研修」を実施しました。 東百舌鳥高等学校の牧野浩二校長と情報科の勝田浩次教諭のお二人を講師としてお迎えし、「書道におけるICTを活用したアクティブラーニングについてー実践と評価―」というテーマで、実践的指導力の向上を図るとともに、グループ活動を通じて研修を深めました。 ★学校紹介から始まり、本研修のねらい、学習指導要領改訂のポイント、指導する上で「授...

平成28年度「大阪教志セミナー」開講!

 「大阪で教師になりたい!」という"高い志と情熱"をもつ学生を対象として実施する、平成28年度「大阪教志セミナー」が第9期生となる176名を迎え、8月21日(日)に開講しました。 開講式での大阪府教育センター山﨑所長の記念講話「大阪府の教員をめざす皆さんへ」では、「教員に求められる最大の使命とは、学校で学ぶ児童生徒の学校生活を充実したものにすることです。たとえ大変で苦しい取組みでも、どんな状況でも...

研修三昧!幼稚園新規採用教員の3日間

 7月26日(水)から29日(金)の3日間、大阪府羽衣青少年センターにて3日間の幼稚園新規採用教員宿泊研修を実施しました。 初日の午前には、泉南市の園長先生から子ども一人一人を大切にすること、子どもの権利条約について講義がありました。子どもの権利について考え、改めて園児たちへの支援について考えるよい機会になりました。午後は、幼稚園10年経験者研修の受講者がメンターとなり、実践交流を行いました。新規...

多様化する健康課題を考える

 7月26日(火)、新規採用養護教諭研修(第5回)で、「養護教諭が行う健康相談」と題して、講義及び事例研究、模擬会議を実施しました。導入の事例検討から話し合いは積極的に行われ、多様化する健康課題について、意見を交流しました。学校保健安全法に位置付けられた健康相談と保健指導ですが、今まで以上に多様なケースが増え、養護教諭だけでは、対応しきれない状態です。そこで、今回は模擬会議で、受講者がそれぞれ管理...

心が傷ついたときのために

 8月1日(月)に養護教諭研修Aを実施しました。 トラウマ(心的外傷)を負ったり、虐待を受けたりした児童・生徒への対処法などの講義・演習を行いました。 年々、児童相談所における児童虐待対応件数が増加しており、養護教諭として関わる場面が増えてきています。 愛着行動やPTSD(心的外傷ストレス障がい)も4つの症状があること、トラウマの症状・治療ケアなど詳しく講義いただき、たいへんわかりやすい内容でした...

頭部外傷時の救急対応~フィジカルアセスメントを中心に~

 7月25日(月)に行われた、府立学校指導養護教諭主催の府立学校養護教諭の研修会に企画室からも養護教諭担当指導主事が参加しました。  関西福祉大学准教授の中島敦子先生による「頭部外傷時の救急対応」の講義があり、府立学校養護教諭63名が参加されていました。       まず、フィジカルアセスメント及び養護教諭のフィジカルアセスメント能力についての説明でした。負傷児童生徒への必須確認事項として、意...

電気工事実技指導力向上研修を実施しました

 8月17日(水)、8月19日(金)の2日間、藤井寺工科高等学校を会場として、「電気工事実技指導力向上研修」を実施しました。  屋内配線工事について、講師より作業場の留意点や指導の仕方について実演を交えた説明をうけ、受講者は学んだことを指導に生かそうと作業手順を確認していました。          図1 課題である屋内配線工事の説明               図2 作業のポイントを示範  また、...

アレルギー疾患の知識を深めよう

 新規採用養護教諭研修(第6回)、養護教諭10年経験者研修(第5回)を合同で実施しました。 医師による講義では、アレルギー疾患全般の病態、症状について学び、養護教諭としてもっておかなければならない知識や視点について考えました。 特に、学校生活指導管理表のどの項目の確認が重要であるのか、また、管理・配慮の有無、保護者と相談する必要の有無など、管理表を作成する医師としての視点で教授いただき、活用方法の...

熱く学びあった夏

 小中学校教育推進室では、小中学校の初任者、2年目、10年経験者を対象に、この夏たくさんの「授業づくり研修」を実施しました。  それぞれのキャリアに応じて、「今求められている授業とは」「学習評価を生かした授業とは」等について講義・演習を行い、受講者間で活発な議論が繰り広げられました。 受講者からの感想を紹介します。  「実践を交流することで他の初任者はどう考え、何に苦労したのかを知ることができ、児...

カレンダー

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31