生物 野外授業の様子

平成31年4月11日

 新学年、初の授業は、校内に生息している植物を観察する実験で、カイズカイブキや、荘川桜、笹部桜などを見て回りました。それぞれの植物には、出自に関して固有の物語があり、何か特別なものを感じました。

 また、桜の花の構造を観察する実験も行われました。使用したのは、笹部桜。若くて白色の花を使用する予定でしたが、僕は誤って古いピンク色の花をもぎとりました。当然、何枚か花弁が落ちていたようで、花弁の数は白色の花より少なかったです。しかし、思わぬ幸運もありました。おしべの先に花弁がついた構造が観察出来たのです。まるでそれは、おしべが花弁に変わろうとしているのようで、生き物の不思議さを改めて実感しました。

3年3組 城間一輝