2020年アーカイブ

授業の風景⑫(2年「まちづくり」)

前期のメインのテーマである「茨木のおすすめ ひと・もの・こと」のCMづくりが本格的に始まりました。今回は、KWNの清野正久様に来校いただき、具体的な撮影の方法を教えていただきました。KWNより貸し出していただいている4Kビデオカメラを使用し、教室の中を撮影しました。

授業の風景⑪(3年「生活文化」)

 3年「生活文化」では、年間を通して、実習を行っています。毎回、事前に詳細を伝えず、「場に瞬時に合わせる」をテーマにしています。第7回は、「夏野菜のカポナータ風」「コーンポタージュ」を行いました。  夏野菜が出回る時期に何度も繰り返し作りたい献立です。たくさんの野菜を切るのに、調理台の上は、1人1枚のまな板を置き、黙々と切りました。材料は、鍋の中に材料を重ねてじっくりと蒸し上げる「重ね煮」にしまし...

図書室の展示(東北宿泊野外特設コーナー)

本校の図書室は、日々、閉館までの時間いっぱいまで、生徒が訪れます。 図書室に入り、目を引くのは大きな机に展示されたテーマに関わる本です。 現在は、74期生が宿泊野外で訪れる「東北」に関係のある本です。 「東日本大震災」「震災復興」「宮沢賢治」「奥の細道」などに関する本が並びます。

授業の風景⑩(1年「家庭基礎」)

 1年「家庭基礎」では、年間を通して、人間の営みについて学びます。特に前期は、「人の一生」について、人生設計、青年期の課題、家族分野、保育・高齢者分野など多岐にわたります。  前期中間考査後の授業では、ナルク茨木・摂津拠点の方に「高齢社会を生きる」として人生の大先輩の講話をしていただきました。  講師の皆様、とても暑い中、また新型コロナ禍の中、来校いただき、ありがとうございました。

授業の風景⑨(2年「まちづくり」)

前期のメインのテーマである「茨木のおすすめ ひと・もの・こと」のCMづくりが本格的に始まりました。今回も、KWNの清野正久様に来校いただき、撮影の極意を教えていただきました。「TFT活動」「茨木市のカフェ」「竹灯籠」「茨木市のラーメン」「大豆の一生プロジェクト」「茨木寒天」など多様なテーマになっています。今回も、LAN教室、家庭科調理実習室、またフィールドワークを通して、素材集めをし、オリジナルの...

授業の風景⑧(2年「理数地学」実習②)

防災・減災の授業の中の「防災リュックを作ろう」という実習です。 以下、受講した生徒の感想、考察です。 「"防災"をテーマにした授業を受けました! 先生の話を聞いたり、班で意見を出し合えたりしたことで、"防災"について、今まで知らなかった考え方や方法に、たくさん出会うことができました。そのうちの1つ、ローリングストック法という方法をご存知でしょうか? これは、日頃利用している食料品や生活必需品を少し...

授業の風景⑦(2年「理数地学」実習①)

2年「理数地学」の実習を受講している生徒が感想・考察をしてくれました。 「昔の人はからだを使って、ものの長さを測ったそうです。それを受け、私たちも2年「地学」の実習で、ものさしを使わずに、自分のからだ、身の回りのもの(腕や指の長さ、身長差など)を使って100cmを測ってみました。残念ながら、私の班は、かなりずれてしまいましたが、ほぼ100cmぴったりを記録した班もありました。 また、エラトステネス...

授業の風景⑥(3年「生活文化」)

 3年「生活文化」では、年間を通して、実習を行っています。毎回、事前に詳細を伝えず、「場に瞬時に合わせる」をテーマにしています。第6回は、「お弁当コンテスト(本番)」を行いました。  前期の折り返しになる今回は、自分たちでお弁当の献立を考え、一部の食材を自分たちで購入し、下ごしらえ、調理、盛り付け、片付けを行う内容です。各班で趣向を凝らしたお弁当ができ、歓声が上がりました。  現在、茨木高校では、...

授業の風景⑤(3年「生活文化」)

 3年「生活文化」では、年間を通して、実習を行っています。毎回、事前に詳細を伝えず、「場に瞬時に合わせる」をテーマにしています。第5回は、「トマトのコンフィチュール、ニンジンクラッカー」を行いました。  今回の課題は、野菜を材料にしたコンフィチュールとクラッカーをつくりました。これから夏の日差しを浴びたトマトが出回る時期です。クラッカーがこんがりと焼きあがると、それぞれを試食した後には、「また家で...

授業の風景④(3年「生活文化」)

 3年「生活文化」では、年間を通して、実習を行っています。毎回、事前に詳細を伝えず、「場に瞬時に合わせる」をテーマにしています。第3回は、「かぼちゃのねりきり風」、第4回は「お弁当コンテスト(予行)」を行いました。  第3回は、「手仕事」をテーマとした和菓子作りの入門編でした。試食の時間には、食物繊維がたっぷりの優しい甘さに穏やかな雰囲気でした。また第4回は、「お弁当コンテスト」の予行として、野菜...

授業の風景③(2年「まちづくり」)

 2年選択「まちづくり」(学校設定科目)は、茨木高校周辺のフィールドワークを通して、自分たちでテーマを設定し、探求し続ける授業です。今回は、「専門家の授業」として、茨木市の企画財政部まち魅力発信課の馬場浩行(茨高0B)様にご講演いただきました。茨木市の広報についての戦略、これからの茨木市の魅力づくり、課題をお知らせくださいました。

授業の風景②(2年「まちづくり」)

 2年選択「まちづくり」(学校設定科目)では、「おすすめ茨木 ひと・もの・こと」、「茨木高校が取り組んできたこと」を集めてきました。ここまで集めたものをまとめ、1分間のCMにします。今回は、KWN(キッド・ウィットネス・ニュース 日本)の清野正久様に「映像ワークショップ」を行っていただきました。いよいよCMづくりにチャレンジします。

授業の風景①(3年「生活文化」)

3年「生活文化」では、年間を通して、実習を行っています。毎回、事前に詳細を伝えず、「場に瞬時に合わせる」をテーマにしています。第1回は、「鮭とほうれん草のドリア」、第2回は「細ねぎとしらす干しのガレット」をつくりました。 第1回では、緊張した雰囲気もありましたが、第2回では、互いにアイコンタクトなどでコミュニケーションを取りながらの実習になりました。 現在、茨木高校では、食中毒防止の観点に加え、調...

第75回入学式

令和2年6月15日  柔らかな日差しが降りそそぐ梅雨の中休み、去る6月15日に2か月遅れの75期生入学式が執り行われました。  新型コロナウイルス感染症対策のため、参列者を最小限に制限した式となりました。 式の中で、第九ソリスト、コーラス同好会、そしてその他の3年生たちが校歌を披露。新入生への歓迎の想いが、75期生の皆に伝わったのではないでしょうか。 校長先生は式辞の中で、「自分の可能性への挑戦」...

茨高のシラン

正門入ってすぐ右手の久敬会庭園の中に群生しているのがシラン(紫蘭)です。東アジア原産で育てやすいので、比較的身近に見られます。 その横の石碑は「茨木高校発祥の地」碑のレプリカです。茨高の前身大阪府第四尋常中学校は、明治28年(1895年)4月25日、嶋下郡三嶋村総持寺の観音堂の庫裏に仮校舎として開校しました。 今年は、創立記念日である4月25日が過ぎてしまいましたが、この写真を通して、創立当時に思...

茨高のマイヤーレモン

マイヤーレモンは、今では瀬戸内などで広く作られていますが、本校中四回卒業生の高碕達之助氏が日本で最初に米国から持ち込んだと言われています。桜通り沿い土手に今可愛らしい花が咲いていて、11月頃に実がなります。登校できたら、是非貴重な花を探してみてください。

茨高の桜3・茨高の春

生物科で教材研究のために冷凍保存していた荘川桜です。 比較のためにソメイヨシノもご覧あれ。(今朝、拾いました) 2年・地学の授業でも年度末に紹介したばかりですが、 荘川桜は"エドヒガン"という桜。 岐阜県荘川村と本校卒業生・高碕達之助との縁を大切にするためにと1999年から"茨高の桜"に仲間入りしました。 染井吉野は"エドヒガン"と"オオシマザクラ"を掛け合わせた桜。 エドヒガンにゆかりがある...

茨高の桜2

今年の桜も間もなく見納めです。 本来なら、毎年この時期は3年・生物選択者向けに、茨木高校に植えられた植物を観察する授業があります。 (去年の様子はコチラ) 少しでもみなさまに茨高の春の様子が届きますように。 (先週末の本校の桜たちです↓) 笹部桜のピンク色が見る度に深くなっていきます。 咲いたばかりの花びらの色は白ですが、この時期になるとほとんどがピンク色。 πベンチと笹部桜。 そして空...

茨高の桜

毎年、入学式・始業式頃に可憐な花びらをつけて生徒玄関の前で出迎えてくれる笹部桜(ササベザクラ)が、今年も満開になりました。 桜通り沿い土手のソメイヨシノも満開です。 校舎から見た絶景です! 合格発表の日に咲いていた荘川桜(ショウカワザクラ)です。 その他にも2種類の枝垂れ桜が咲いています。

冬季学芸祭

2020年2月3、4、5日に冬季学芸祭がありました。参加した部活は軽音楽部、FUSION部、ダンス部、吹奏楽部、コーラス同好会、漫画研究同好会、文芸部、書道部。そのほかに9組の有志団体が参加しました。3日間の昼休みと放課後にBC間や多目的ホールで演奏や合唱、ダンス、漫才などが行われ、寒さの中でもとても盛り上がりました。下足ホール付近では漫画研究同好会と文芸部の部誌が置かれ、多くの人が手に取りました...

第72回卒業式

令和2年2月28日 春の訪れを感じさせる陽光のもと、本校第72回卒業証書授与式が挙行されました。 式では、校長先生が式辞の中で、本校卒業生である高碕達之助氏の功績と、本校校歌並びに校章の由来を紹介。校長先生自身のメッセージとあわせて、卒業生へ餞の言葉が贈られました。 *学校長式辞【抜粋】(...中略) 72期生の皆さん、卒業おめでとうございます。...皆さんの門出に当たり、今日は私たちの大先輩で...

GLHS合同発表会

本年度も、グローバルリーダーズハイスクール10校による、課題研究発表会が、大阪大学で行われました。本校からは、下記の内容で、73期生の代表生徒が発表しました。以下は、発表した生徒の感想です。 「全ての人に食の安全を伝えるには~より認知される食材ピクトグラムの提案」 2月8日土曜日に大阪大学コンベンションセンターでグローバルリーダーズハイスクール(GLHS)10校の代表生徒が課題研究の成果を発表す...

WWLコンソーシアム構築支援事業課題研究発表会

「健康・医療」「幸福」をテーマに、北野高校にて「WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業課題研究発表会」が開催されました。本校からは、2年生の課題研究で「食」をテーマに研究を行った二つのチームが代表として参加しました。下記は、代表生徒の感想です。   ①「食の本質を考える―「こ食」問題における「こども食堂」の在り方とは」 私たちは、WWL事業の一環として、「健康・医療・幸福...

百人一首大会

1月23日5限LHRの時間で74期は百人一首大会をしました。大会前から協力して百人一首を覚え、優勝できるようにどのクラスも頑張っていました。詠み手は先生方にお願いし、分担して詠んで頂きました。英語の先生は百人一首を英訳して詠んでいて、とても面白かったです。とても盛り上がった楽しい百人一首大会でした。(74期 文化委員代表)

74期イマージョンプログラム(2019年12月25日・26日)

2019年12月25日、26日 1年生対象のイマージョンプログラムを行いました。イマージョンプログラムとは、生徒が少人数に分かれ、外国人講師の方とワークショップやディスカッションを行うプログラムです。本校1年生約90名が参加しました。1日目にグループごとにワークショップを行い、2日目にプレゼンテーションを行いました。難しいテーマにも臆することなく、英語で学び、英語で発信する良い機会となりました。ハ...

12月21日、毎年恒例「茨高ほっとスクエア 世界の屋台体験」が行われました。 1、2年生、ゲスト留学生、PTAの方々、教員、総勢約80名が参加しました。 今年は来年度宿泊野外で訪れるベトナムの料理と、ロシア料理、キルギス料理に挑戦。留学生から教えてもらいながら、「バインセオ」「生春巻き」「チェー」「ボルシチ」「マントゥイ」「ピローグ」等、各国の伝統料理を作りました。また、留学生リクエストの海苔巻き...

74期B&Sプログラム(2019年11月30日)

 大阪大学から約60名の留学生にご協力いただき, 教室にてグループディスカッションや, 多目的ホールにてベトナム留学生とのアクティビティをなどを行いました. 教室では, 生徒4人と留学生1~2人のグループで, 「食文化」や「スポーツ」について話し合いました. 多目的ホールでは, 「宿泊野外にむけてベトナムのことを知りたい!」という生徒の思いから, 留学生によるベトナム紹介やベトナム語発音講座, B...