情報研修

12月21日(金)、教職員向けのタブレット端末利用の情報研修を行いました。
今回は「ICTでできること」というテーマで、本校の教員を講師として研修が行われました。

研修は、児童生徒が日常の授業の中で、効果的なタブレット端末の活用方法の実践例をふまえ、
実際に学習することをイメージしながら行われました。


●音を使った言葉の学習
●コミュニケーション
●アプリを使った文字の学習
●アクセシビリティ機能を使って調べ学習をカスタマイズ

と大きく4つの項目に分けて研修が進められました。


”音を使った言葉の学習”では、音のメモリー機能に弱さのある子どもに対して、音や画像を使いながら言葉学習を行っている様子が紹介されました。
この学習で使われるアプリは、イラストや身の回りの物や人を写真におさめ、そのシンボルがもつ意味を音声で読み上げることができます。


”コミュニケーション”では、自分の意思を相手に伝えるために使用する、音声出力機能を備えた装置を使い、朝の会を行っていたり文字ボードを使用してコミュニケーションを行っているという実践報告がありました。


“アプリを使った文字の学習”では、ひらがな学習のアプリを使い、ゲーム感覚で楽しみながら字を書く方法の紹介がありました。
また実際に学習で取り入れたことで、かたまりで捉えていた言葉を一音一音の音韻と文字の読み理解へとつなげることができたとの実践報告もありました。


”アクセシビリティ機能を使って調べ学習をカスタマイズ”では、タブレットのスピーチ機能(音声サポート)を使い、
言葉を代理で読み上げてもらう機能や他にも今まで知らなかった機能を知ることができました。


本日学んだことを活かし、ICT機器を効果的に使える様に励んでいきたいと思います。


12月21日情報研修2.jpg

カレンダー

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31