【教職員】支援教育公開講座②

h251227-2.jpg

12月27日(金)<10:30~12:30>に、冬期休業中の第2回目である北河内支援学校相談サポートセンター(KSC)の支援教育公開講座を実施しました。

あかつき・ひばり園園長の塚本國次先生を講師にお招きし、「就学前の療育の実際」というテーマで講演していただきました。


当日は、ご厚意により、実際に保育されている様子や施設の見学をさせていただく機会も設けていただきました。

h251227-1.JPG

施設の見学の後、本校に戻り、講義がありました。

児童福祉法に基づく医療型児童発達支援と福祉型児童発達支援、歯科診療所・療育相談室の機能を統一的に運営されているというご説明があり、それぞれについて詳しく内容を教えていただきました。

様々な職種がある中で、連携を取りながら根拠に基づいた支援を考えているということでした。

具体的な取り組みとして、健康づくりや生活の見通しを持たせること、あそびについて等、園で大切にしている子ども像に触れ、また、地域の中で生活するということを考えながらの支援であるといったお話がありました。

最後に、子どもの障害を認め受容していく過程での保護者の思いを受け止め支えていくことの大切さについて話されました。


就学前の子どもたちの支援の仕組みや様子について詳しく知る機会となりました。

2日連続の公開講座でしたが、冬期休業中の年末の時期にもかかわらず、多くの先生方が参加され、大変有意義な研修会となりました。


また別室にて、本校で実際に使用している教材の展示を行いました。

こちらも多くの先生方に見学していただき、「とても参考になりました。」という感想を多数いただきました。

h251227-3.JPGh251227-4.JPG

カレンダー

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30