防災体験活動「避難所宿泊体験」

10月14日(土)~15日(日)にかけて、防災体験活動として初めての「避難所宿泊体験」を開催しました。
宿泊体験に10家庭、ワークショップのみの参加(日帰り)6家庭の計16家庭の総勢 約40名と教員約20名、今年度本校に来ていただいている防災アドバイザーが参加しました。
また、教育庁保健体育課からの見学もありました。
2日間の活動の様子をプログラムごとに紹介します。

『活動の内容』
●オリエンテーション
参加者のみなさんが集まり、避難所宿泊体験がいよいよスタート。
学校長、PTA会長のあいさつ、スケジュールのお知らせなどがありました。
いきなり防災クイズ」では、防災にまつわる問題の答えと思う選択肢の色のカードを挙げて答えていました。
h291015-防災02.JPG








●ワークショップ①「救急蘇生法」、
保護者のみなさんで、実演を交えながら心肺蘇生法とAEDの使い方を体験練習しました。
今までに講習を受けたことがある方も、初めての方も一緒に交代しながら体験しました。
h291015-防災04.JPG








●校内ナイトウォーク
子どもたちは、2つのグループに分かれ普段はいない時間帯の夕暮れの学校をまわり、消火栓や非常出口など防災にまつわるポイントを探し、タブレット端末で画像に収めました。
いつもとは違う薄暗い廊下に、ちょっとドキドキしました・・・。
h291015-防災06.JPG








●夕食、朝食
お待ちかねの夕食は、防災食のアルファ化米とレトルトカレーを使ったカレーライス。
配膳場所で順番に並んで家族分受け取りました。
なかなかのボリュームでお腹がいっぱいになりました。
朝食は、ローリングストックのため大阪府から提供された防災食(アルファ化米)を食べました。
「牛飯」「カレーピラフ」「炒飯」などの味がありました。
また校内備蓄の缶パンも食べました。
h291015-防災08.JPGh291015-防災09.JPG








●ワークショップ②「子どもたちの発表」「防災グッズ紹介とグッズ作り」
校内ナイトウォークでみんなで見つけた防災にまつわるポイントを、画像を交えて保護者のみなさんに発表しました。
防災グッズ紹介では、家にある身近な物を使って作るグッズとして、ツナ缶ランプやサランラップの活用術などグッズを紹介しました。
グッズ作りでは、「新聞紙スリッパ」と「簡単トイレキット」を作りました。
災害時、水がとまってしまうと水洗トイレが使えなくなります。
そんな時の応急トイレとして、ネコ砂(ペット用のトイレ砂)を使ったキットを作りました。
h291015-防災11.JPGh291015-防災12.JPG








h291015-防災14.JPG









1日目の活動が終了後、ワークショップのみ参加のみなさんはここで解散となりました。
宿泊のみなさんは、持参した簡易テントや寝袋などと、みなさんに配布した毛布、校内にある折り畳みマットやダンボール(ビバホーム様にご協力いただきました)を使ってそれぞれの就寝スペースを作りました。
安心してすごせるようにお気に入りのグッズを準備されているご家庭もありました。

h291015-防災16.JPGh291015-防災17.JPG








h291015-防災19.JPGh291015-防災20.JPG








21時30分の消灯後は、それぞれが各々のスペースに入りました。なかなか寝付けない様子もあり
ましたが、23時頃には体育館全体がシーンと静まり返っていました。


2日目は午前7時に起床。
就寝スペースの片づけ、使用したマットの片づけもみなさんの協力のおか
げでアッという間に終えることができました。
朝食まで少し時間があったので、ラジオ体操をしながら過ごしました。
最後のプログラムである、「終わりの会」では、2日間を振り返ったスライドショーをしました。
そして予定よりも1時間ほど早く全プログラムを終えることができました。

h291015-防災22.JPGh291015-防災23.JPG









今回の活動が、災害時における避難所生活を少しでもイメージしていただき、各ご家庭においての備えのお役に立てていただけますと幸いです。
また、避難所運営を体験することにより見えた、あらたな気づきなどをこれからの学校の防災体制に活かしていきたいと思います。
最後に、多くの方々の協力のもと、無事に開催することができました。ありがとうございました。

カレンダー

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30