『地域人的資源活用事業』南京玉すだれ

2月20日(火)、21日(水)の2日間にわたり、江戸時代から受け継がれている伝統芸能の『南京玉簾(なんきんたますだれ)』を八房流の皆さんが小学部と中1, 高2の子どもたちに紹介してくださいました。

「何ができるかな?」のコーナーでは、現在熱い闘いが繰り広げられている平昌オリンピックに因んだ題材が多く、一段と盛り上がりました。
その後、「シャボン玉」の歌にあわせて玉簾でシャボン玉を作ったり、壊したり、また作って飛ばしたりの体験をさせていただきました。
体験した子どもたちからは「思ったより重かった」「難しかったけど楽しかった」など様々な感想が聞かれました。
小学部の子どもたちは、皿回し体験をしました。
上手にまわして「はいポーズ」と先生にかっこ良い写真を撮ってもらって笑顔いっぱいでしたよ。
後半は、玉簾による「八尾市」の紹介でした。
常光寺やケーブルカー、大和川などリズム良く紹介される名所を満喫することができた一時でした。
最後に手作りのカードや缶バッジ窯業で作った箸置きとお礼の言葉を添えて、楽しい時間が終了しました。

h300220_南京玉すだれ03.JPGh300220_南京玉すだれ04.JPG

カレンダー

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31