【教職員】支援教育公開講座②

7月24日(木)に北河内支援学校相談サポートセンター研修サポート、支援教育公開講座 第2回研修会が本校で行われました。

今回の講座は「これからの特別支援教育 ~支援を必要とする子どもの授業の工夫~」という内容で、大阪人間科学大学の特任教授としてご活躍されている、須田正信教授にご講演いただきました。

須田教授は、本校をはじめ、数々の支援学校で学校長を務められ、個別の教育支援計画やインクルーシブ教育システムの構築に深く携わってこられた先生であり、当日は先生のお話を伺おうと会場いっぱいの参加者でした。

その中で今回は、

(1)特別支援教育の全国的な動向とその推移

(2)発達障害のある子どもの支援とその後の展開について

(3)障害者全般を巡って大きく変化してきたことと今後(法改正等)

  ①障害者の権利に関する条約

  ②障害者と合理的配慮

  ③就学先決定の変更(学校教育法施行令)

(4)これからの未来に向けての共生社会とインクルーシブ教育について

(5)外部の専門家と連携した教育システム

(6)合理的配慮とユニバーサルデザインの授業の工夫

(7)いくつかの子どもの事例と支援の方策

について詳細にお話しいただきました。

特に、今後の重要な課題として、合理的配慮とシステムズアプローチの話題を提供してくだいました。

また、事例検討では、実際に事例を提供してくださった教員からの解説もあり、参加者の皆さんは熱心に聞き入っていました。

 

ご講演後の質疑応答の時間では、たくさんの質問があがりました。

その一つ一つに添った内容の資料をパワーポイントで提示してくださりながら、丁寧な回答をしてくださり充実した内容の研修会となりました。

カレンダー

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31