校長ブログ

泉北高校校長が泉北の今をお伝えします!

高校講座

 1月23日(木)、1年生のLHRの時間を利用して、「高校講座」を開催しました。これは、外務省の職員が高校生に対して直接講演を行うことにより、高校生の外交・国際問題に対する関心や理解を深めるとともに、今後の進路を選択する際の参考となるよう、外務省の仕事に対する理解の促進を目的として、平成7年度より同省が実施しているものです。  今日は外務省国際協力局開発協力総括課の田中智大(ともひろ)氏がお見えに...

大阪万博意見交換会

 1月23日(木)、大阪府庁政策企画部の依頼を受け、大阪の将来像に係る意見交換会を開催しました。今、大阪府では2025年の万博後を見据え、大阪の将来像とその将来像に向けた施策の方向性を示すビジョンの策定に向けて検討を進めているところであり、有識者の議論に加え、次代を担う若者の意見を反映させていくために高校生から直接意見を聞きたいとの要望が本校にありました。本日の企画はその要望に応えて実施したもので...

第2回サイエンスツアー

 1月18日(土)、第2回SSHサイエンスツアーを実施しました(第1回は昨年7月末に実施)。今回は日帰りで、行先は和歌山県の「南方熊楠記念館」と「南紀白浜アドベンチャーワールド」で、貸し切りバスでの移動でした。  総合科学科1年生と2年生の希望者計26名の参加があり、博物学の巨匠南方熊楠の活動とともに、アドベンチャーワールドでは、生物の学習で扱う多くの動物やその生態を学びました。楽しみながら新たな...

2年人権HR

 1月16日(木)5時限目、先週の1年生に引き続き、2年生の人権LHRを、国際文化科と総合科学科で視聴覚教室と会議室に分かれて実施しました。  今回のテーマは「男女共生『デートDV』について」。デートDVについての正しい知識を持つとともに、それを防ぐにはどうすればよいかを考えることを通して、男女が互いに尊重し合い、対等な関係を構築しようとする意欲や態度を培うことを目的とし、自立支援事業、啓発事業、...

1年人権HR

 1月9日(木)5時限目、視聴覚教室にて1年生を対象とした人権LHRを実施しました。  今回は障がい者問題について学ぶことを目的とし、NPO法人日本福祉学習センター理事長の雑賀利幸様を講師にお迎えして「失明そして現在」というテーマでご講演をいただきました。軽妙な語り口で、生徒とのやり取りを交えながら、ご自身の日常生活の話題を通して視覚障がいに関する理解・啓発を促すとともに、視覚障がい者に対する支援...

第3学期開始

 あけましておめでとうございます。令和になって初めてのお正月を迎え、気分一新頑張ろうと思っています。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。  1月7日(火)、3学期の開始にあたり、まず全校生徒を体育館に集め、始業式を行いました。私からは、校長講話として、生徒の皆さんがこれからの変化の激しい時代を生き抜き活躍するためには、「自ら課題を見つけ、調査・研究し、分析・考察を行う」能力と「知り得た知識や情...

大阪府教育庁主催「イングリッシュキャンプ」

 12月27日(金)、大阪府教育センターで開催された「イングリッシュキャンプ~Winter Version~」に行って来ました。これは、大阪府内で学ぶ高校生が、授業で学んだ英語を活用し、ネイティブスピーカーとのコミュニケーション活動を行うことを通して自らの英語力を高めるとともに、英語学習への意欲を高めることを目的として実施される大阪府教育庁主催のイベントで、本校からも2年生3名が参加しました。  ...

第2学期終業式

 12月24日(火)、本日で第2学期も終了。全校生徒を体育館に集めた終業式では、校長式辞として、この2学期の校内外の出来事のおさらいとともに、今年の「新語・流行語大賞」に選ばれた、ラグビーW杯にちなんだ「ワン・チーム」という言葉に触れ、「泉北高校は、教職員、生徒、保護者、同窓会も含めて『ワン・チーム』になっているだろうか。ここに集う全員が、『チーム泉北』の一員であることに胸を張れるよう、次々に起こ...

2019年度全国高校生フォーラム

 12月22日(日)、東京国際フォーラムにおいて開催されました「2019年度全国高校生フォーラム」に参加してきました。  これは、SGH(スーパーグローバルハイスクール)事業等の普及・推進を図るために文部科学省と筑波大学が共催するイベントで、本事業に関わる各校の代表生徒が全国から一堂に会し、課題研究等で取り組んでいるグローバルな社会課題の解決法や提案等を英語で発信するものです。  本年度は118校...

泉北こども科学フェスティバル

 12月21日(土)、本校生が小学生(3年生以上)を対象にした実験・実習を指導する「泉北こども科学フェスティバル」を開催しました。これは、本校生が理科を教える楽しみを経験することを通して今後の課題研究等において主体的に取り組む力を育むとともに、本校が地域における拠点校となって科学教育のすそ野を広げることを目的とするもので、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)事業の一環です。  本日は実験・実習...

過去の記事