校長ブログ

泉北高校校長が泉北の今をお伝えします!

2021第一回サイエンスツアー

 8月2日(月)、2泊3日の日程で、本年度第一回目のサイエンスツアーに出発しました。この企画はSSH事業の一環として毎年夏と冬の2回実施しているもので、例年夏は東京・筑波方面を訪問し、「日本科学未来館」や「JAXA・筑波宇宙センター」等を見学するのですが、昨年度に引き続き新型コロナ対策と、ちょうどオリンピックが東京で開催されていることもあって、東京方面を諦め、代りに福井・滋賀方面への研修ツアーを企...

SSH「泉北こども科学教室2021夏」

 7月27日(火)と28日(水)の2日間の日程で、「泉北こども科学教室2021夏」を開催しています。この科学教室は、SSH事業の一環として近隣の小学5、6年生を招いて毎年本校で実施しているもので、身近な現象、自然などを対象に観察・実験・実習を行うことを通して、小学生の皆さんに、自然科学に興味・関心を持ってもらう機会とすることを目的としています。  初日の今日は生物「動植物の不思議」、情報「プログラ...

「Global & Science Camp 2021」

 7月26日(月)から3泊4日の日程で、1,2年生の有志の生徒29名が「プロジェクト型Global & Science Camp(グローバル&サイエンス キャンプ) 2021」に出発しました。  これは、コロナ禍で実施できなかった海外研修の代替として企画したもので、行先は滋賀県高島市。琵琶湖周辺の自然環境並びに社会環境における課題を発見しその解決策を模索する能力の育成を目的として、水質調査...

「南河内ロックフェスティバル」

 7月22日(木・祝)、「南河内ロックフェスティバル」が開催されました。これは近隣の高校9校(泉北・狭山・堺西・長野・堺東・美原・登美丘・佐野・東大谷)の軽音楽部等が合同ライブを行うことで部員同士のつながりを深めるとともに、様々な活動を通して社会貢献の精神の育成を図ることを目的とするイベントで、例年の「いずみがおか広場」ではなく、今年はすぐ近くの「国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)」を会場とし...

1学期終業式

 7月20日(火)、今日で1学期も終了。1限目に最後の授業を行った後、大掃除を経て終業式を実施しました。始業式や終業式に関しては、コロナ禍のため皆が体育館で一堂に会してというわけにはいかず、昨年度からずっと音声による放送でのみで行ってきましたが、今日は、初めての試みとして校長室からの映像をオンラインで各教室に届けるという形で行いました。  まず最初は私からの式辞です。今日は大きく3点。1点目は「S...

2年進路HR「学部別進路説明会」

 7月15日(木)3限目、2年生の進路HRとして「学部別進路説明会」を開催しました。今日は全部で16の講座(*)を40分×2回ずつセッティングし、自分が興味を持つ講座を2カ所聴きに行くという形態をとりました。講師は大学等(★)から派遣された方々で、それぞれの学部における学びや生活、進路先等について、丁寧に説明していただけました。  2年生のこの時期は、様々な情報を収集しながら自分の希望や適性を考え...

薬物乱用防止教室+救急処置講習会

 7月12日(月)、期末考査終了後の3限目の時間に1年生全員を対象に「薬物乱用防止教室」を開催しました。今回はコロナ対策としてLAN教室から配信して各教室のプロジェクタを通して視聴するという形態をとりました。講師として大阪府警察本部生活安全部少年課の藤村巡査部長をお迎えし、大麻や覚せい剤、危険ドラッグ等の規制薬物についての知識と併せて、大阪府における大麻の検挙状況、依存症の症状など、単に重大犯罪で...

堺市との連携

 本校では、教育方針の一つに「校外の各種団体と連携を図り、地域の教育拠点校として様々な活動に取り組むことを通して地域社会に貢献する。」ことを掲げており、ボランティア活動を含む地域連携を推し進めています。地元堺市との関係も深めており、今後も「環境人材育成支援事業」等で連携することとしてします。  そんな折、堺市環境局が今年発行した「堺環境戦略コンセプトブック」の裏表紙に本校生がモデルとして登場してい...

第一学期末考査

 本日7月6日(火)から次週12日(月)までの5日間の予定で1学期末考査を実施しています。1日あたり2~3科目、50分間のテストが基本ですが、中には80分の考査も。生徒の皆さんは真剣そのものの表情で、答案用紙に向かっています。これが終われば1学期もあと数日。気持ちよく夏休みを迎えるためにも、日頃の学習の成果を十二分に発揮できるよう、全力で取り組んでほしいと思います。  

「観点別学習状況の評価」研修会

 次年度令和4年度入学生から、高等学校の新学習指導要領が実施されることになっており、それに基づき、学習評価の在り方(=成績の付け方)もこれまでとは異なるものになります。この新しい「観点別学習状況の評価」について理解を深めること、及びその実施に向けて見通しを持つことを目的として、府教育センターの指導主事の方々を講師にお迎えして教員向け研修会を開催しました。  新しい評価では、「知識・技能」「思考・判...