校長ブログ

泉北高校校長が泉北の今をお伝えします!

 4月6日(月)、校庭の桜が満開です。  例年ならば、真新しい制服に身を包んだ多くの新入生をこの満開の桜が出迎えてくれるところですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため臨時休業が5月6日(水)まで延長されたことを受け、4月8日(水)に予定していた入学式も5月7日(木)に延期です。この間の各学年3回ずつ(+内科健診)の登校日も設定しました。今、本校の先生方は休業期間中の課題作成と学校行事等の予定見...

新年度開始!

 4月1日(水)、新年度が始まりました。非常勤教員を除き、2名の先生方が昨年度末で退職、6名が転出となった一方で、新規採用の2名を含む9名の先生方を本日新たにお迎えして、令和2年度をスタートしました。解決すべき諸課題は数々あるものの、教職員一同、気分を新たに泉北高校のために頑張っていきたいと意気込んでいます。  新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため登校禁止は続いていますが、再開された際には生徒...

春休み

 今日は3月30日(月)。本年度もあと残り2日を残すのみとなりました。例年であればクラブ活動等で登校した生徒の元気な掛け声が聞こえるのですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、学校に生徒の姿はなく全く静かです。私も30年以上の教員生活のなかで、初めての経験です。  ここ数日の暖かさで校庭の桜も咲き始めていますが、なんとなく寂しそうです。4月8日(水)の入学式が予定どおり行われたなら、...

入学者選抜合格発表+合格者説明会

 3月19日(木)、令和2年度入学者選抜の合格発表と合格者説明会を実施しました。  国際文化科と総合科学科の合格者合計277名の受験番号を記したボードが体育館のベランダから吊り下げられると、大きな歓声が起こり、中には飛び跳ねたり、家族や友人と抱き合って喜びを分かち合う受験生もいました。一方で当然ながら不合格となった受験生も少なからずおり、私としては複雑な心境でした。彼ら、彼女らには本校とは違う場で...

登校日

 3月18日(水)、新型コロナウイルス感染症の影響で本来予定していた終業式は中止となりましたが、感染予防対策(=多くの生徒が長時間一堂に会することを避けて1、2年生を4つのグループに分けて時間差で登校させる、連絡事項を必要最小限にとどめる等)を講じることでこの日を在校生の登校日とし、学年末考査の返却や通知表の配付、次年度の教科書販売等を行いました。  制服で登校する泉北生を見るのは実に3月3日の卒...

令和2年度一般入学者選抜

 3月11日(水)、令和2年度の一般入学者選抜学力検査を行いました。例年と異なり新型コロナウイルス感染症への対策が必要となりましたが、教育庁からの指示に従い、検査室の配置を工夫したり、換気をこまめに行うこと等により対応しました。今年は募集定員277名(国際文化科159名、総合科学科118名(すでに帰国生選抜で3名の合格者がいるため))のところ、357名の出願がありました。倍率にすると1.29倍とな...

第49回卒業証書授与式

 3月3日(火)、当初の日程どおり、第49回卒業証書授与式を挙行しました。今年は新型コロナウイルス感染症への対策として、感染拡大を防止する観点から、参列者を原則卒業生の保護者に限定して開催しました。当初予定していた2年生と来賓の皆様の参列が無くなった分、少し寂しい感じもしましたが、それでも厳粛な雰囲気の中、国歌斉唱→校歌斉唱→卒業証書授与→校長式辞→花束贈呈→送辞→答辞→保護者挨拶と、次第どおり式...

「SDGs×環境シンポジウム」

 2月15日(土)、堺市立西文化会館(ウエスティ)で開催された「SDGs×環境シンポジウム」に、本校が発表者として参加しました。  このシンポジウムは、SDGsの達成や環境問題の解決に向けて取り組む様々な人から、それぞれの取組みの背景や課題、将来展望等をお伺いすることを通し、参加者の環境行動につなげることを目的として開催された堺市主催(内閣府、環境省、大阪府及び堺市の教育委員会等が後援)のイベント...

SGH「グローバル課題研究Ⅰ」成果発表会

 2月14日(金)の午後の2時限を使い、「グローバル課題研究Ⅰ」成果発表会を視聴覚教室にて開催しました。これは国際文化科2年生全員が取り組んでいる同科目について、本年度の集大成として行ったもので、予め1月31日(金)に実施した予選会において選出された代表11班がパワーポイントを用いて口頭発表しました。  各班は、興味関心を持ったSDGsに関わるトピック【*】について、自分たちが調査研究し、考察した...

立命館大学学生団体「IROHA」によるワークショップ

 2月13日(木)放課後、立命館大学生による国際協力団体「IROHA」の方々にお越しいただき、「国際協力を他人事から自分事へ」というテーマで、希望する本校生を対象としたワークショップを実施していただきました。  「IROHA」は2010年にカンボジアに公立中学校《IROHAスクール》を建設し、現在も継続的な教育支援を行っている団体で、本日はその活動内容についてご紹介いただくとともに、大学生として何...

過去の記事