SSHブログ

【探究チャレンジⅠ】9/12 夏の探究活動発表

 今回の探究チャレンジⅠの授業では、プレゼンテーション方法や批評のしかたについて学び、夏の探究活動の結果をお互いに発表しました。  「話す側」「聞く側」それぞれの立場で重要なことについて授業を受けた後、各班で取り組んできた夏の探究活動の結果を発表しました。各班で工夫しながら結果をまとめ、発表することができていました。聞く側も、コメントシートにメモを取りながら熱心に話を聞く様子が見られました。  こ...

オープンラボ ~畷高オープンスクールにて~

 9月10日(土)のオープンラボには、総勢40名もの中学3年生とその保護者の方々にお越しいただき ました。オープンラボに参加していただき本当にありがとうございました。  簡単な実験の思考と体験、およびその原理の説明、また、探究ラボの活動についての説明と質問コー ナーから成る内容で、中学生一人ひとりにほぼラボ生一人ひとりが付いて個別の質問に答える形式で進 めましたので、気軽に問いかけ応答していました...

探究ラボ全体会⑭

8月31日(水)の全体会では、大阪サイエンスデイ第1部に参加する班は進捗状況を班員間で確認したり、他の班は進捗状況発表会に向けて準備したりしました。また、オープンスクールでの演示実験の内容について、ラボ生で討議しました。(GL部SSH担当 竹中)

【探究チャレンジⅡ】Meet the Kyodai Chemistry 2022に参加しました。

 8月27日に京都大学 桂キャンパスにて開かれましたMeet the Kyodai Chemistry 2022にSS化学15班のメンバーが参加してきました。研究テーマは「甘蕉紙作成〜実験計画法を用いた甘蕉紙の引張強度の向上〜」です。  自分たちの研究結果をポスター形式で発表したり、工業化学科の研究室を見学させていただいたりと貴重な体験をさせていただきました。  生徒からは「多くの教授や大学生の方...

SSHブログをご覧のみなさまへ 2学期に行われる様々なアウトプット活動に向けて、 研究が本格化してきています。 本日の探究ラボD班の活動に関するご紹介です。 生物科 ============== 本日の活動では、 前回セイタカアワダチソウのアレロケミカルを抽出するために浸しておいた蒸留水、エタノールを用いて、 カイワレダイコンの種子を育てはじめました。エタノールの溶液を湯煎にかけて、 エタノールだ...

本校SSH事業の一環で、以下の企画を始めています。ぜひお越しください。 通年公開授業「探究チャレンジⅡ」のお知らせ ~ いつでもいらっしゃい! 探チャレ ~                                                                      1.目的    本校が文部科学省から指定を受けている「スーパーサイエンスハイスクール事業  第Ⅱ期」の研...

SSHブログをご覧のみなさまへ 本日の学校ブログでは、探究ラボD班の活動を紹介いたします。 探究ラボD班では、雑草の生態を探るべく、「アレロパシー」に着目して、 研究を進めています。 本日の活動では、セイタカアワダチソウのアレロケミカルが、 疎水性であることを確かめるべく、実験を行いました。 詳細は今後の探究ラボ全体会で説明していく予定とのことです。 生物科

北河内地区府立高校探究活動交流会~北河内サイエンスディ mini~ KSD mini

11月6日(日)午後に、本校鹿深野ホール・大会議室にて北河内地区の府立高校生対象でポスターセッション&探究活動指導者交流会を行います。近隣の中学生にも見学希望者には参加してもらう予定です。詳しくは下記案内をご覧ください。(GL部SSH担当竹中) 北河内地区府立高校「探究活動」交流会 〜 mini 〜 実施要項     北河内サイエンスデイ 〜 mini 〜 ( 略称KSD mini )     ...

探究ラボ全体会⑬

夏休み明けの初めての全体会では、10月22日(土)に大阪府立天王寺高等学校にて実施されます「大阪府生徒研究発表会(大阪サイエンスデイ第Ⅰ部)」の参加に向けての心構えを上級生から伝えてもらった後で、参加希望の班を募りました。 1年生中心に3つの班が参加への意思表示をしてくれました。この後は、発表要旨提出、ポスター作成、発表動画撮影に入ります。1年生にとっては初めての外部発表です...

【令和4年度 スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会】

 8月3、4日に神戸国際展示場にて開かれましたスーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会に参加してきました。本校代表生徒の研究テーマは「甘蕉紙作成~バナナの皮から紙を作るときの作成条件の最適化~」です。  緊張していた様子もありましたが、今までの研究の成果を存分に発表できていました。実験、資料作成や発表練習など大変なことも多かったと思いますが、今回の探究活動や発表を通じて学んだことも多かったと...

カレンダー

2022年9月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30