SSHブログ

Science English(2日目)

7月13日(金)の放課後に「サイエンスイングリッシュ」の2日目の講座を実施しました。 本日のテーマは「Battery performance(電池の性能)」です。 最初にIce breakerとして、ジェスチャーのみで誕生日順並ぶBirthday chainを行い、その後ガルバニ電池の一種である塩橋を用いた「ダニエル電池」を作成しました。 そして最後にレモン、グレープフルーツ、ジャガイモを用いた「...

第10回 72期2年『課題研究』

7月13日(金)5限に第10回の「課題研究」の授業がありました。 大阪工業大学 知的財産学部の高田 恭子 准教授を講師にお招きし、研究者のモラルやマナーに関するご講演をいただきました。 貴重なお話拝聴させていただき、ありがとうございました。 科学技術系人材の育成を掲げている本校にとって「研究者倫理」や「研究成果の活用」「科学研究論文作成のルール」を学ぶことは非常に大切です。 高校生段階の今から意識...

Science English(1日目)

7月12日(木)の午後に本校初の取組である「サイエンスイングリッシュ」を開催しました。 「サイエンスイングリッシュ」は科学の学習を実験を交えながらAll Englishで行うというものです。 卓越した人材の育成をねらいとした企画の1つで、2年生3名と1年生6名が参加しました。 東京大学大学院より留学生を講師にお招きして、1日目の今日は「Features of light(光の性質)」について4つの...

学生TA通信

学生TAの鶴岡先輩に協力いただいて「学生TA通信」なるものを作成いたしました。 月毎の学生TAの方々の来校日をまとめたカレンダーと後輩のみなさんへのメッセージを載せております。 明日のSTで教室掲示される予定ですので、是非ご覧ください。 今後も不定期に発行予定です。 (化学科:吉田拓郞)

3年課題研究継続班の活動報告

7月4日(水)の放課後、大阪工業大学の北 秀和教授にお越しいただき、「スイングバイの理論解明について研究している3年生3名が指導・助言を賜りました。 お時間頂戴しまして、ありがとうございます。感謝申し上げます。 定期考査後の重点的な活動に向けて、貴重なアドバイスをいただきました。 学校としても二兎追う逞しい生徒達をしっかりサポートしてまいります。 (化学科:吉田拓郞)

第9回 72期2年『課題研究』

6月29日(金)5限に第9回の「課題研究」の授業がありました。 活動内容は「予算・フィールドワーク計画を立てる」です。 定期テスト前最後の課題研究でした。 上手く役割分担して研究を進めていきましょう。 [作業確認]※詳細は各班配付プリント参照 ・担当の先生に確認いただいた研究計画書と予算計画書の下書きを元に、所定のExcelファイルに内容入力  ※まだExcelファイルを受け取っていない班は情報教...

探究ラボの活動報告

探究ラボの活動報告です。 6月27日(水)の放課後に、今年度の抱負と自らのエントリーするインプット活動・アウトプット活動の挑戦計画を共有しました。 積極的な挑戦が自らの視野を広げ、他校のスゴイ仲間たちとの出会いが謙虚さをもたらし、成長の一層の原動力となります。 (化学科:吉田拓郞)

第5回 73期1年『探究チャレンジⅠ』

6月25日(月)6限に1年生の「探究チャレンジⅠ」の5回目の授業がありました。 テーマは『研究計画書の作成』についてです。 授業の冒頭には ・対照実験を計画する際は複数の条件を同時に変えるのではなく、1つだけ変えて実験すること ・「真の相関」と「みかけの相関」の区別すること ex.犬を飼っている人が多い街ほどアイスクリームの売り上げが多いという関係があったとする。 だからといって「犬好きの人はアイ...

先進校視察(東京学芸大学附属国際中等教育学校)

6月23日(土)に東京学芸大学附属国際中等教育学校へSSH先進校視察へ行って参りました。 ご準備いただいた関係者の皆様方、貴重な機会を賜りまして誠にありがとうございました。 今回、訪問させていただいた東京学芸大学附属国際中等教育学校は国際バカロレア(IB)ディプロマプログラム(DP)認定校であり、またスーパーサイエンスハイスクール(SSH)、スーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校です。 公...

探究ラボの活動報告

『探究ラボ』は自ら課題を設定し、昼休みや放課後に、主体的に課題研究活動に取り組んでいる集団です。 研究背景や目的、必要な器具・試薬、実験方法等を記載した研究計画書を作成し、先生方に進捗を報告・相談しながら研究を進めています。 今日は「高吸水性ポリマーの検討」について研究している2年生の探究ラボチームの紹介です。 まず一般的に高吸水性ポリマーとして利用されているポリアクリル酸ナトリウムの物性について...

過去の記事