SSHブログ

探究ラボ全体会④ ~SSH生徒研究発表会校内代表選考会に参加して~

5月11日(水)放課後に、探究ラボ全体会に標記の選考会を開きました。探究ラボ生もオーディエンスとして参加し、積極的に質問していました。3年生でコツコツ研究を続けている班員たちにきっと刺激を受けたことでしょう。 選考会に参加したのは2班で、❶「甘蕪紙作成」班 と ❷「白米由来のデンプンを用いてバイオマスプラスチックを作る」班です。 校長先生、教頭先生、GL部理数担当者、探究ラボ顧問、学生TA...

【探究チャレンジⅠ】5/9 探究活動の基礎を学ぶPart2

 今回の探究チャレンジⅠの授業では、「エネルギー問題」をテーマに、テーマ設定→RQ→検証 の流れを学びました。  共通のテーマとして「エネルギー問題」を設定し、テーマ設定の際には自分たちが活動できるレベルにスケールダウンすること、検証方法を考える際にはある条件の影響を調べたいときには他の条件は固定する、グラフにすることをイメージしながら実験条件を設定する、といったポイントを学びました。  その後...

探究チャレンジⅡの報告

5月6日(金)は2年生になって3回目の「探究チャレンジⅡ」の授業でした。研究テーマの設定は実に難しい課題です。毎年、探究活動を進めていくうちに生徒たちは、最初に立てたテーマ設定からずれていく自分たちに気づき出します。先行研究の調べ方の薄さもその一因になっていますし、軌道修正をするのにはかなりの勇気と労力が要りますので、途中で方向転換する班は多くはないです。「それまでの失敗も無駄にせずに貴重なデータ...

探究ラボ全体会③の報告 

4月27日は3年生から1,2年生へ探究活動体験を通して後輩たちに伝えたいことを語ってもらう会<その2>でした。非常にコンパクトで簡潔に発表していました。発表者が「この発表スキルも探究ラボを通じて身についたものです」と語っていましたが、1,2年生にも説得力がありよく伝わっていたと思います。(SSH探究ラボ担当 竹中)

探究ラボ全体会

本年度第2回目の探究ラボの全体会に10名の1年生が体験参加してくれました。 6月の畷高祭でのオープンラボの具体的な内容について、1年生も活発に意見交流してもらいました。 <新入生向け探究ラボ説明会の1年生参加人数> 13日(水) : 4名     15日(金) : 12名 19日(火) : 4名 (探究...

【探究チャレンジⅠ】4/18 探究活動の基礎を学ぶPart1

 1年生の探究チャレンジⅠの授業がスタートしました。1回目の授業では、「身近な課題」をテーマに、課題発見→RQ(リサーチクエスチョン)→仮説の流れを学びました。  課題発見のためのポイントを確認しながら、各自で考えてきた「身近な課題」について班やクラスで話し合い、色々な視点から課題点とそれに対するRQ、仮説を考え、発表しました。  次回は、エネルギーをテーマに、RQや仮説の検証方法や結果と考察...

探究ラボの新入生歓迎会風景

新1年生向けに探究ラボの説明を行いました。 本年度の統括リーダーが非常に簡潔に「探究ラボとは?」、「探究ラボの活動とは?」を要領よく説明しました。さて、今年は何人の新ラボ生が誕生するのでしょうか?  (SSH探究ラボ担当 竹中)

2022年度初の全体会

本年度1回目の探究ラボ全体会の報告です。新しい1年生も4名体験で、参加してもらいました。今回は、3年生が今まで取り組んできた探究活動の振り返りということで、失敗体験談やアドバイスなどを自分の言葉でまとめた「後輩たちに伝えたいことを語ってもらう会 <その1>」の形で実施しました。よく練られた発表で、2年生はこれから行う探究活動をする上で参考になることも多々あり集中し...

新入生に本校での探究活動の概要説明をしました

2022年4月6日(水)本校の「鹿深野ホール」にて、合格者オリエンテーションが実施され、その一コマを利用して、本校の探究活動についての概要説明を行いました。 「探究活動とは?」「(本校での)探究活動について」「探究チャレンジの授業を通して身につけたい力」等について、活動の様子を写した写真なども交えながら、説明を行いました。 探究ラボの案内も併せて行い、早速、新入生からの問い合わせもありました! ...

【探究ラボ】活動報告 1/19(水) 《 第19回探究講座:知的財産権と特許 》

【第19回 探究講座:知的財産権と特許(基礎編)】       ~ 研究者に必要な世界 ~ 日時:1月19日(水)17:00~18:00 場所:化学講義室 生徒:計5人    ( 2年0人 / 1年5人 希望者のみ ) 教員研修として参加した顧問:計1人 ( 化学科 ) 内容:一般に世界で活躍している研究者の成果物として    「論文」であり、一方、技術者の成果物として    「特許」が挙げられる...