• トップ
  • 2022年
  • 1月
  • 1/24(月)第64回 大阪府青少年読書感想文コンクール 優秀賞受賞

1/24(月)第64回 大阪府青少年読書感想文コンクール 優秀賞受賞

 「第64回 大阪府青少年読書感想文コンクール」において本校から二名が「優秀賞」受賞しました。

 今年度も、1、2年生の皆さんの読書感想文の中から、国語科の先生の協力を得て、2作品を選んで応募しました。今年度は、2作品とも「優秀賞」に選ばれ、昨年12月11日に大阪府私学会館で、表彰式が開催されました。おめでとうございます。

 尚、受賞した作品は1月末に配付される、本校図書館報「らふれしあ」に掲載しています。以下は、表彰された2年生の生徒の感想です。

 「震災」というセンシティブなテーマを扱う上で大切にしていたことは、無難な表現に逃げたり格好つけたりせず、自分自身の気持ちをありのまま書くことです。初めは、被災していない自分の言葉が被災した方々を傷つけてしまったらどうしようという不安がありました。また、本と真剣に向き合うほど心が重くなり、投げ出してしまいたくなることもありました。しかし、11月の宿泊野外行事で東北の方々が震災について、一生懸命語りかけて下さる姿を見て、この感想文を書き切って本当に良かったと思いました。胸の苦しみを言葉にすることはとても難しくつらいですが、東北の方々のお話が私の心に響いたように、私の感想文が誰かの心を動かせば嬉しいです。とても疲れましたが、いい経験になりました。(75期生 2年)

 本校の75期生は、昨年の秋に十分な感染対策を講じて、宿泊野外行事(修学旅行)として東北を訪れました。実際に体験したことと本を読むこととが、心の深い部分で結びついたことを教えてくれた素晴らしい文章でした。