ネガティブ・ケイパビリティ

昨日の4月12日(日)から雨が降り、本日13日(月)も雨と風の寒い日となりました。桜はずいぶんと散ってしまいました。

今日のタイトルは「ネガティブ・ケイパビリティ」‟negative capability" です。難しい言葉ですね。新聞で見つけた言葉です。精神科医で作家である帚木(ははきぎ)蓬生氏のお話からの記事でした。negativeは「否定的、悪い」、 capability は「能力」、などの意味があります。帚木氏によれば、脳にはわかりたいという性質があり、意味づけして理解し、わかったつもりになろうとする傾向があるそうです。「ネガティブ・ケイパビリティ」とは、「わからない状況に耐え、悩む知的な能力」「悩みや不安があっても急がず、焦らず耐えていく能力」「正解のない人生を生き抜く力」のことだそうです。SNS等で瞬時にして大量に情報が飛び交うこの頃です。真偽がわからない情報もあるかも知れません。今回の新型肺炎に関する情報も例外ではありません。先行きが見えない不安な日々ですが、自分の立場で「今、すべきこと」「今、できること」を考えて行動したいものです。

生徒の皆さんの手元に学校からの手紙は届いたでしょうか。その中にあるプリントをよく読んで、家庭学習を進めてください。今までの期間、岸高手帳を活用していますか。自己管理に、毎日の振り返りにぜひとも使ってください。本日午後からの学年ごとのブログにも課題がアップされます。こちらの課題も活用しましょう。また、ここ数日は少し寒いです。体調に気を付けて、毎日を過ごしてください。

カレンダー

2021年9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリ