兵庫県立加古川東高等学校を訪問しました

府立学校校長会進学指導委員会の研修として、11月30日(火)に兵庫県立加古川東高校を訪問し、特色ある取り組みについてお話を聞きました。加古川東高校は今年で創立97年、本校と同じくSSH指定校であり、また、兵庫県よりSTEAM教育のモデル校として取り組みを進めています。(STEAMとはScience, Technology, Engineering, Art, Mathematics です)行事、部活動も活発に行いながら、特色ある取り組みを全校体制で行い、同時に高い進学実績を上げている学校です。

 

校長先生、教頭先生、教育企画部の先生、STEAM教育主担の先生が学校の紹介や取組みの説明をしてくださいました。本校と同様の活動をしているところもありますが、生徒の皆さんが自主的に活動している事例も多くうかがいました。本校もSSH指定校として様々な取組みをしていますが、その上にSTEAM教育のモデル校である加古川東高校の幅広い活動に驚きました。

 

本校が取組んでいる「文理課題研究」は文理学科必修の授業ですのでSSHに指定されていなくても学校全体で取り組む学習活動です。そのうえで、SSHに指定されて支援を受けているからこそ、多くの設備や機器がそろい、生徒の校内、校外での行事や活動への補助ができ、より幅の広い生徒の学びにつながっています。活動をする生徒もそれを指導する教員もいそがしくなることもありますが、文武両道をめざす本校にとって、大変有意義な取組みを行っています。「文理課題研究」もその一つです。加古川東高校の先生方も同じような思いで生徒のために頑張っておられることが分かり、とても共感するところがありました。まだまだ伸びしろのある生徒の能力を引き出せる取組みをこれからも続けていきたいと思います。

カレンダー

2022年1月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリ