近畿インターハイ 陸上競技部 活動報告

 6月1日、校長ブログに掲載しましたが、本校3年生男子が5月27日~29日、ヤンマーフィールド長居陸上競技場で開催された大阪インターハイ(近畿インターハイ予選会)の男子8種競技で優勝し、近畿インターハイへの出場を決めました。

 その近畿インターハイ(全国インターハイ予選)が6月16日と17日、奈良市にあるロートフィールド奈良で開催されました。その結果を報告させていただきます。

 男子8種競技は「走る・跳ぶ・投げる」の総合力を競う混成競技であり、陸上競技の中でも最も過酷な競技であると言われています。2日間にわたり、身体はもちろん、精神的な強さが求められる中、レベルの高い近畿大会で果敢にチャレンジしてきました。

  

  

〔結果〕 男子8種競技 5076点 第7位

 本人にとっては自己ベストでの入賞となりましたが、上位6位までに入れば、全国インターハイ出場の可能性があったことから、悔しさ溢れる結果でもありました。

  

 

 大会後、一緒に練習に励んだ3年生の仲間と込み上げる感情を共有していました。後輩たちは受け継いだバトンを加速させることができるよう、さらなる向上心を持とうと決意しています。

 今後とも、本校陸上競技部への応援よろしくお願いします。詳しくは、岸和田高校陸上競技部Twitterでご確認ください。

カレンダー

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリ