大東市立四条中学校で授業をしてきました

今日の午後、大東市立四条中学校の3年生進路HRの取組みとして、

緑風冠の他、日新、交野、野崎、城東工科の計5校が、各学校を希望する生徒対象に、

前半、後半の2コマで、授業または学校説明を行いました。

四条中学校3年生は、全部で121名おられるそうですが、

緑風冠を選んでくれた人は、前半33名、後半30名の計63名でした。

内容は、私が数学の授業を行いました。

日常の身近なところに、数学が関係しているものがあることを知ってもらいたくて、「折り紙」を教材としました。

まず最初に、ウォーミングアップとして、折り紙で「鶴」を折ってもらいました。

続いて、作図と折り紙との関係について説明しました。

中学校では、1年生にコンパスと定規を使って、

例えば「角の二等分線」や「線分の垂直二等分線」の作図を学習しますが、

折り紙では、どうすればできるか、実はとっても簡単にできることを説明した後、

実際に三角形を配って、高校1年生で学習する三角形の内心、外心、重心、垂心を紙を折って、見つけてもらいました。

最後に、ひし形を配って再び「鶴」を折ってもらいました。

(実は、ひし形でも「鶴」が折れます。しかも同じ紙から2種類の「鶴」が作れます。)

各コマ30分でしたので、少し説明が早口になり、分かりにくいところもあったと思いますが、最後までしっかり話を聞いてくれました。

久しぶりに授業ができて、とてもうれしかったです。

IMG_0070.JPGIMG_0075.JPG

カレンダー

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31