今日の授業参観(19日目)

今日は、3時間目に1年生の英語「英語G」、4時間目に1年生の「数学A」、6時間目に3年生の「古典」を見せてもらいました。

「英語G」は、まず小テストを行った後、動詞の変化について発音練習を行いました。

今日の内容は分詞の使い方。知覚動詞(see、hear、feelなど)とともに分詞を使う表現について学びました。

その際、現在分詞「~している」のか、過去分詞「~される」のかに注意しながら、問題演習等で理解を深めました。

 

「数学A」は、「命題」について学びました。

数学では論理的に考えることも大切な内容です。そのための基本事項を学んでいます。

まずプリントで「必要条件」「十分条件」の復習をした後、「否定」と命題の「逆」「裏」「対偶」について、学びました。

論理的に考えることは、なかなか苦手な生徒もいますが、多くの演習問題で理解を深めていきました。

 

「古典」は、「平家物語」の「壇ノ浦」の場面を学びました。

教員の範読の後、生徒が立って音読を行いました。

源氏に多くの船を奪われ、戦況不利と見た総大将の平知盛が、

安徳天皇や建礼門院の乗った船に参って、「もはやこれまで」と告げる場面を臨場感たっぷりに再現しました。

ちょうどテレビ番組「ザ・今夜はヒストリー」でこの場面を取り上げていたこともあり、

歴史背景や人間関係を、とても詳しく知っている生徒もいました。

カレンダー

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31