職員人権研修を行いました

午後2時から、職員人権研修を行い、常磐会学園大学 佐谷 力教授をお迎えして、

「保護者とのより良きかかわりのために」について、ご講義をしていただきました。

まず保護者とのかかわりの目標は、

  ・ つながるため
  ・ (たとえ厳しいことでも)心に届けるため

であること、カウンセリング技法として、

  ①「うなずき」聴いていることを伝える、共感を伝える(相手のテンポに合わせて)
  ②「くりかえし」‥理解していることが伝わる(わかってくれている)。
  ③「共感」‥心配している気持ちが伝わる「それは大変やったね」「それはつらいね」
  ④「受容」   ...ほめる、合わせる(信頼感)

の大切さを、2人1組での実習を交えて教えていただきました。

規律指導と教育相談がめざすところは同じであること、すなわち

・ 自立(自律)して生活できる
・ 社会の輪の中に参加できる(ルールを守れる、参加するエネルギーがある)

最後にまとめとして、保護者とのかかわりの基本「かきくけこ」

・「か」顔を見て ・「き」共感うなずき ・「く」くりかえし ・「け」傾聴してから ・「こ」攻守交替

を教えていただきました。

また本日の研修では、株式会社 タカギ 様から、寄贈していただいた大型液晶タッチパネルを活用しました。

カレンダー

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31