大東市立北条中学校で、研修の講師を行いました

大東市北条中学校区ふれ愛教育協議会の夏季合同研修会があり、

「高校が求める生徒像」というタイトルで、10時30分から12時まで、講演を行いました。

まず大阪府が「教育改革プログラム」、「『大阪の教育力』向上プラン」、「教育振興基本計画」などで、

どのような「生徒像」をめざしてきたのか、

それによって府立高校がどのように変わってきたのか、

併せて入試制度は、どうなってきたかなどを説明した後、

緑風冠の取組みについて、「チーム緑風冠(ryoku fu kan)」として、

・授業力(ryoku)の向上

  授業力向上委員会と中心として、授業アンケートの活用、研究授業の推進、学校協議会との連携

・風(fu)雲の志の育成

  エリア選択と連携したキャリア教育の推進

・感(kan)動体験活動の充実

 「生徒が主役」「地域に愛される」学校づくり

に取り組んでいることを、紹介しました。

最後に、「幼保小中高から社会へ」ということで、

社会はどんな人材を求めているのかを紹介し、

そのために、「大切な地域の子どもたち一人ひとりを、幼保小中高が連携して、育てていきましょう。」と

お願いしました。

このような機会を与えていただいたことに、感謝申し上げるとともに、

拙い話でしたが、最後までお聞きいただきありがとうございました。

powerpoint画面2.jpgpowerpoint画面4.jpgpowerpoint画面6.jpg

カレンダー

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31