地域交流(小学生ふしぎ発見教室)

 大東市の子どもたちが学校に集まってきました。大東市立野崎青少年センターと本校が共催する「理科・ふしぎ発見教室」を理科の教員を講師として本校で行いました。

 

(写真は一部画像を加工しています)

今日のふしぎ発見教室では、空気の振動を知るために風船とペットボトルを使い、いろいろな実験をしてみました。膨らませた風船の口に1円玉を入れて、手を放すと・・・ あらら、不思議! おならの音がします。小学生たちは、楽しそうにプープーと音を出して実験をしていました。

次に、ペットボトルと風船を半分に切り、空気砲をつくりました。線香の煙を入れて、風船のゴムを振動させると・・・ うまくいけば、ドーナツの形をした煙が浮かんでいきます。うまくいかなかったりもしましたが、工夫をしてできたときには、不思議そうな表情をしていました。どうしてできるのかな?と理屈を考えることは難しいのですが、興味や関心を高めるふしぎ発見教室は子どもたちの夏休みの想い出になったと思います。

 

小学生のみんな、緑風冠高校で楽しめましたか?! 引率いただきました保護者の皆さまもありがとうございました。

カレンダー

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31