オンライン授業について

現在、大阪府立の学校は感染症対策のために臨時休業になっています。緑風冠高校も府教育庁の指示のもと休業しており、体制を縮小し学校運営を行っています。

生徒たちや私たち教職員が置かれている状況は、これまでに誰もが経験したことないものであります。学校という教育の場は、進路実現のための教育課程で定められた知識を与えることは大きな目標ですが、授業だけを行うところではありません。高等学校という建物に生徒と教員が集まり、日々の活動、様々な特別活動などの行事、特に緑風冠高校の魅力でもある自然に恵まれた豊かな教育環境のなかで、人と人との交流を通じて経験や成長することができる教育活動をするところであります。3月の休業から生起している状況下では、学校の教育の場としてのこのような素晴らしく貴重な一面が奪われていることがとても残念なことであります。

しかし、このような状況であっても緑風冠高校は、学校の目標とする地域に愛され、豊かな人間性を持った生徒の育成のための教育活動を進めていかなければならないと考えています。これまでは、生徒の皆さんに先生たちが考えて作成したプリントを郵送したり、ホームページでの連絡などで、自学自習を促す取組みをしてきました。

大阪府知事が先週の記者会見で「オンライン授業」の導入を進める旨の発言をしていました。校長としては、学校は上記のように、総合的な教育活動をすることが大切であると考えていましたので、オンライン授業の導入には少し不安な想いを抱いていました。もちろん従来までの一斉授業での長所もあれば欠点もあります。オンライン授業にはこれを補う優れた面があることは間違いありません。

生徒たちのためにできうることを提供することが公教育の役割と認識しております。現段階では緑風冠高校はオンライン授業のためのプラットホームの開設、ICT機材、提供のための専門的知識など、様々な面で十分とは言えない体制ではありますが、今後は推進のための体制を作り、研究を進めていき生徒と保護者の皆さまの期待に応えるように教職員が一丸となり取り組みますので、よろしくご理解とご協力をお願いいたします。

まだまだ感染症への心配などつきませんが、皆さまのご健康を祈念いたしますとともに、再び緑豊かな素晴らしい環境の緑風冠の学びの場に生徒たちが集うことを願っています。

カレンダー

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31